上野精養軒で、海老フライ・ビーフシチュー、オムライス / 東京 上野 1872年創業 (明治5年)

国立西洋美術館を始めとし、数多くの美術館・博物館を抱える文化と歴史の街 上野。この街にも沢山の老舗が残っています。

1872年創業、上野公園内にある洋食店 上野精養軒

上野駅から上野公園へと入り、徒歩8分ほどの場所にあるのが上野精養軒。1872年(明治5年)に三条実美、岩倉具視の援助により、「西洋館ホテル」として創業し、その歴史がスタートしました。1873年に西洋館ホテルが「精養軒ホテル」と改称、そして1876年(明治9年)上野公園開設に伴い、現在の精養軒本店となるレストラン上野精養軒が開業しました。日本におけるフランス料理の草分けとしても知られる店舗です。

上野公園を歩いていると突如現れる歴史を感じる看板。そう、ここが上野精養軒です。

精養軒本店は、本格フレンチが楽しめるグリルフクシマと、昔ながらの洋食が楽しめるカフェ ランドーレの2つに分かれています。今回はカフェランドーレでランチです。こんな感じの看板で出迎えられます。テンションあがるなー。

運ばれてくるメニュー表からしてかっこよいです。馬車のイラスト。創業当時は、馬車に乗ってくるお客さんが多かったのかな。

メニューは目移りするほど多かったのですが、私はこちらのスペシャルセット 3,240円をチョイス。
3人で行ったのですが、家族はオムハヤシやビーフシチューを頼んでいました。追加でスープ類もオーダー(この先は3人分の食事の写真です。僕一人で食べたわけではないですよw)。

定番のクリームコーンスープ。濃厚で美味しい。

私はオニオングラタンスープをチョイス。昔は洋食屋のスープといえばコーンスープ一辺倒だったのですが、大人になってオニオングラタンスープ率が高まりました。当然美味い。

こちらは単品のビーフシチュー。濃厚なデミグラスが最高。こちらはセットの牛ロースステーキと、エビフライ。エビフライの軽い揚がり具合最高かよ。

そしてオムハヤシ。美味しいハヤシライスには魔法が掛かってる気がする。

最後にデザートも頼みました。メニュー一番上の鴨場プディング。鴨場とは、宮内庁が管理する鴨狩を行う場所で、その鴨場で料理を担当しているのが上野精養軒なんです。で、このプディングは、そこで出される宮内庁御用達のプディングなんです! 基本お持ち帰り用ですが、店舗内でも食べられます。こんな感じでカラメルソース別添えでした。
分かりづらいですが上からの絵。甘さ控えめなプリンに、濃厚なカラメルソースのバランスが素敵。良いものを食べてる感あって、凄く好き。これ今度お持たせで使ってみたいな。最後になりますがレストランから眺める風景も素敵なんです。公園と一緒にビル群を眺めるって、セントラルパークにいるような気分(セントラルパーク内にこんな豪華なレストランはない気がするけど)。

日本のフレンチ、そして洋食を牽引した上野精養軒は、夏目漱石、森鴎外の作品にも登場する老舗中の老舗洋食店。夏目漱石が愛したお店としては、同じ公園内にある洋食店 日比谷公園の日比谷松本楼と少し似てますね。公園で遊んで、美味しい洋食を食べるって、良い休日の過ごし方の見本みたいな感じですよね。設計者に感謝したくなります。

———上野精養軒 基本情報———-
〇創業年 明治5年創業 / 1872年創業
〇営業時間
11:00~20:00(L.O.19:00) 喫茶は10時~
※無休
〇住所
東京都台東区上野公園4-58
(公式サイト)⇒上野精養軒 【公式サイト】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です