上野亀井堂の文楽人形焼と瓦煎餅 / 東京 上野 1890年創業 (明治23年)

国立西洋美術館を始めとし、数多くの美術館・博物館を抱える文化と歴史の街 上野。この街にも沢山の老舗が残っています。

1890年創業、文楽人形焼と瓦煎餅で知られる 上野亀井堂

上野御徒町駅、上野広小路駅から徒歩1分強の場所にある上野亀井堂。神戸にある明治6年創業の神戸 亀井堂総本店が、明治23年(1890年)に東京店を開業。そのお店が現在の上野亀井堂です。

お店の外に看板が出ていました。東京店開業時の明治23年を創業とされています。ディスプレイには古い看板が飾られていました。土地柄的にところどころにパンダもいますね。名物の文楽人形焼を購入。こちらは昭和28年に生まれた商品。販売していたカステラ饅頭に特徴ある意匠を、と考えていたところ、人形浄瑠璃師と出会い、文楽人形の頭をかたどったカステラ饅頭を売ろう、となったそう。文楽人形っぽい頭ですね、確かに。亀井堂といえば、の瓦煎餅もモチロン購入。上野亀井堂さんならやっぱりパンダ柄で。葵の御紋を入れたものも有名ですよね。亀井堂さんのパンフレットも頂きました。
「伝統の味を新しい風にのせて」は、いい言葉ですね。

裏側では瓦煎餅、文楽人形焼を中心に代表銘菓の解説が載っていました。僕の大好物です。
人形焼と瓦煎餅は、味自体は他所と比べても違いが出にくいもの、と感じているのですが、上野亀井堂さんのものは、パンダの判だったり、人形の顔をしていたり、と形がユニーク。どちらも東京っぽい印象が強いので、東京土産として向いていますね。

———上野 亀井堂 基本情報———-
〇創業年 明治23年 / 1890年創業
〇営業時間
11:00~19:00
※年中無休
〇住所
東京都台東区上野4-5-6
(公式サイト)⇒上野龜井堂創業明治二十三年 上野龜井堂へようこそ

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です