【移転済み】東京 築地 鳥藤(創業1906年)

※築地市場移転に伴い移転しています。

東京の台所、築地。平日でも多くの人で賑わっているこの築地市場・場内へ本日もフラリ。

築地市場の「場外」「場内」

よく聞く築地市場の「場外」「場内」。違いは?というと
「場外」は一般人でも買い物や飲食が気軽に出来る商店街のような場所です。
「場内」は専門業者などプロの方々が買い付けに多く訪れる卸売市場が主になっています。もちろん一般の方も入れますし飲食店も数多くあります。
豊洲移転問題で話題の築地市場ですが「場外」は築地市場に移転後もその場に残り「場内」は11月の移転が延期という情報のこと。(2016年8月31日時点)

築地で働く人々の胃袋を支えている場内店

本日訪れたのは鶏肉専門店 鳥藤・場内店。
「鳥藤」は同じ名前の「鳥藤」という創業明治40年、100年以上鳥肉・鴨肉に携わっている鳥肉・鴨肉の卸売専門店の直営店です。卸売専門店も築地市場にあります。
場外にも 鳥藤・分店があり、メニューが若干違うのだとか。分店も気になる所です。

どうやら場内に店を構えたのは今から6年前だそう。意外に最近で驚きです。
というのも訳があって、築地場内で働く人々は観光客などが多く訪れるお寿司や海鮮丼などのお店には行かないのだそう。
そして早朝からパワフルに働く人たちは早くて、旨くて、がっつり食べられるものが好まれる。そう言ったニーズに応えるべく、長く築地に携わってきた鳥藤は場内に店を構えた訳です。築地場内で働く人々の胃袋を支えているんですね。

thumb_img_1006_1024

王道!?変わり種!?魅力的なメニュー達

鳥藤のメニューは鶏肉卸売店の直営店だけあって新鮮な鶏肉を新鮮なままで調理され提供されます。築地らしい。
やっぱり鶏肉と言えば!ということでスタンダードな「親子丼」を注文。

thumb_img_1010_1024

親子丼ですがトロトロの鶏肉プリプリしてて美味しい。味の表現のバリエーションが乏しいため上手な表現が出来ないのが残念ですがとにかく美味しい。美味しいとしか言えません。築地にはハズレはないのです!(自論ですが)これは朝から食べたら1日頑張れますね。

その他のメニューも絶品です!
おや、変わったメニューも多いようで。
親子丼カレー?シンガポールチキンライス?斬新ですね。
これは親子丼カレーの写真です。

15153023_1361381793880100_1905626743_o

シンガポールチキンライスなどは海外観光客が近年多くなったために出来たメニューだそう。
全部制覇してみたくなるほど、魅力的なメニューが多いのも鳥藤さんの魅力な気がします。

100年以上の鶏肉に携わり続けた鶏肉のプロ、鶏肉専門店・鳥藤。そして築地場内で働くプロの胃袋を支え続けてきました。
「プロがプロを支えている」
いやぁ、かっこいい。
私もまた胃袋を支えられに、また足を運びたいと思っています。

———-鳥藤 場内店 基本情報———-
・創業年
・1906年(明治40年)
・営業時間
[月~土]
6:00~14:00
朝食営業、ランチ営業
・定休日
日曜・祝日・不定休(築地市場に準ずる)
・住所
東京都中央区築地5-2-1 築地市場 8号館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です