最強の昭和食堂 桃乳舎 / 東京 茅場町 1889年創業 (明治22年)

オフィス街でありながらも、昔ながらの風景も残す日本橋・茅場町界隈。日本橋エリアには多くの老舗が息づいています。

1889年創業、大衆食堂の極み 桃乳舎

茅場町駅から約10分の箇所、オフィス街のやや裏手に突然と古めかしいビルが出現します。それが今回伺った桃乳舎。創業明治22年のこのお店は、元々ミルクホールとして始まり、喫茶店へ拡大。そして食堂へと変遷していったとの事。現在のビルは昭和8年に建てられたとのこと。

この最強の外観!11時半着、土砂降りなのに既に行列が出来ていた人気店です。

人気の秘密は味と価格にあります。見てください、この価格!ランチなんと500円!!!

ランチメニュー以外にもカレーやハヤシライス等もあります。近ければ通うな…。

今回はメンチカツをオーダー。520円。出来る限り糖質を抑えたいお年頃なのでライス抜きで頼んだら360円。良いのか、こんなに安くてw。

同行者が頼んだ海老フライがこちら。700円。このお店では高級な部類に入りますが、海老3本でその値段は驚異的に安い。

もう1人の同行者はなすのはさみ揚げをオーダー。520円。やっぱり安いw。

雰囲気も味も、昭和の王道で、本当にタイムスリップしたような気分になれました。味、クオリティ、量、値段全部が素敵で、12時前から行列が出来る意味が理解できました。ここはみんなが一度は行くべきお店です、はい。

———桃乳舎 基本情報———-
〇創業年 明治22年 / 1889年創業
〇営業時間
11:00~16:30
※土・日・祝 定休日
〇住所
東京都中央区日本橋小網町13-13
(食べログ)⇒桃乳舎 (トウニュウシャ) – 茅場町/洋食 [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です