富岡屋本店の、食べやすいクレープ / 静岡 三島 1919年創業 (大正8年)

水の都として知られ、宿場町としても栄えた静岡県 三島エリア。多くの作家にも愛されたこの街には、沢山の老舗が残っています。

1919年創業、勝俣州和絶賛のクレープが有名な 富岡屋本店

三島駅から徒歩10分程度、三島広小路駅から徒歩2分程度の場所にある富岡屋本店。1919年(大正8年)創業の和菓子屋さんですが、今はクレープが有名だそう。

こちらが店舗外観。リニューアルされたこともあり、かなり奇麗な店舗です。 お薦めはクインクレープ(別名、茶々クレープ)で、タレントの勝俣州和さんがはなまるマーケットで紹介したのだとか。ちなみに現在のご主人と、勝又さんは、大学の先輩後輩の間からだそうです。 店頭にはこんな感じでクレープが並んでいました。
どれにしようか悩んだ結果、今回はチョコを選択。 こんな感じで生クリームがたっぷり。美味しいし、手軽なのが凄くいい。クレープは、男子としては食べ歩くのちょっと恥ずかしい感じあるんですけど、こういう形状で提供してもらえるなら、全然恥ずかしくなくっていい。

富岡屋本店さんのクレープ、上にも書きましたが、美味しいだけでなく、携帯性にも優れて、お土産としてかなり優れています。現状店頭だけでの販売のようですが、催事で日本各地で販売されているそうですよ(私が伺った時も、ちょうど東京の催事から帰ったところだ、と仰っていました)。
三島訪問時に買って頂くのがベストですが、お近くの催事で見つけた際にもぜひ手に取ってみてください。

———富岡屋本店 基本情報———-
〇創業年 大正8年 / 1919年創業
〇営業時間
9:30~18:00
※日・祝日 定休日
〇住所
静岡県三島市泉町13-4
(食べログ)⇒富岡屋本店 – 三島広小路/洋菓子(その他) [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です