栃木家商店の焼豆腐を使ってすき焼きを作る / 東京 浅草 1887年創業 (明治20年)

浅草は、都内最古の寺である金龍山浅草寺の門前町として古くから栄えた街。江戸時代には多くの武士・商人や文人墨客などが浅草に集まって江戸文化を育んできました。明治になり六区画の浅草公園となって、六区は劇場や映画館などが林立して興行街として多くの人を集めて繁栄し、現在も全国各地や海外からの観光客で連日賑わっています。浅草の各所には食堂から料理屋までの各種飲食店や和菓子・食品店などの老舗の商店が数多く点在する、東京を代表する老舗の聖地の一つです。

1887年創業、国産100%天然にがりをつかった豆腐を作る 栃木家商店

銀座線浅草駅から徒歩3分ほどの場所にある 栃木家商店。1887年(明治20年)に、創業された生湯葉と豆腐の専門店で、現在は5代目店主が営業をされています。国産100%天然にがりを使ったこだわりの豆腐を作り続けていらっしゃいます。

という栃木家さんの外観。看板が良い感じに年季が入っていますね。 店内に入りました。豆腐、湯葉がたっくさん並んでいます。豆腐好きはテンションあがりますね。 購入したものその1、お豆腐。特選大豆を使ったもの。 オープンした図。豆乳の味が濃くって超美味い。美味しい醤油とよく合います。
今回の目的はこの焼豆腐。1914年創業の精肉店 松喜さんの帰り道に寄ったのですが、もちろんすき焼きに入れるため、です。

すき焼きに入れた図。割下に負けない濃い味で美味い!

栃木家さんは、読者の方に教えて頂いて知ったお店。豆腐、本当に美味しかったので、また寄りたいです。と、我が家の定番、年末年始の松喜さんのすき焼きの際には、ついでに寄って焼き豆腐購入を定番にしたいと思います。浅草をめぐるすき焼き具材の旅、楽しくて良いですね。

——- 栃木家商店 基本情報———-
〇創業年 1887年創業 / 明治20年創業
〇営業時間
・月曜日~土曜日 9:00~19:00
・日曜日・祝日 10:00~18:00
※無休
〇住所
東京都台東区浅草2-2-1
(浅草なび内 公式ページ)⇒ 生ゆば豆腐専門店 栃木家商店 | 浅草観光情報なら【浅草なび】グルメやイベント、DEEPな情報も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です