元祖カニカマのスギヨから、ウナギ風蒲鉾・うな蒲ちゃん / 石川 七尾市 1868年創業 (明治元年)

石川県七尾市は、能登半島中央部で富山湾・七尾湾に面し2004年(平成16年)に旧七尾市と能登島町などの3町とが合併して発足しました。地名は、七尾城址の山(通称・城山)の7つの尾根(菊尾・亀尾・松尾・虎尾・竹尾・梅尾・龍尾)に由来するとされています。戦国時代は七尾城を拠点とした能登畠山氏が栄え、江戸時代は前田氏の加賀藩(一部天領)に属しました。国内有数の高級温泉街である和倉温泉で知られており、七尾城山焼(陶磁器)・七尾和ろうそく・七尾仏壇等の伝統工芸品があります。白瓜・蕨・茄子・能登牡蠣・蒲鉾・くちこ・このわた・さばこの紫蘇巻・粕漬・灘かぶら寿司等の特産品・郷土料理や大豆飴(州浜)・味噌饅頭等の名物菓子があります。明治初年に鮮魚問屋・定置網漁者として創業し、大正から昭和初期に焼竹輪製造を始めた㈱スギヨは、日本初の蟹風味蒲鉾(珍味かまぼこ・かにあし)の製造・販売元として知られており、市内には老舗の飲食店・和菓子店・食品店が残っています。

1868年創業、カニカマ元祖として知られる スギヨ

西三階のバス停から徒歩13分ほど、七尾駅から車で10分前後の場所にある スギヨ。1868年(明治元年)に鮮魚問屋・定置網漁業として創業され、大正〜昭和初期にかけて焼きちくわの製造を始められました。スギヨさんといえば、元祖カニカマと呼ばれることになる”かにあし”を、1972年(昭和47年)から発売されていることでも知られていますね(元祖カニカマについては諸説ありです)。

という、スギヨさんの匠のカニカマWが売っていたので購入。個別の写真を撮り忘れましたが、本物感凄くって美味しかったです。 最近はフィッシュプロテインマーク掲載している商品増えましたよね。練り物はプロテイン摂れるのです! で、今回のメインはこちら。うなぎ風の蒲焼・うな蒲ちゃんです。冷凍でやってきました。解凍した状態がこちらです。
これを温めてご飯に乗せると、見た目は蒲焼き…!

うな蒲ちゃん、ビックリすることに皮部分も再現されていたので、知らずに食べるとかなり鰻の蒲焼っぽいです。ちょっと食感が柔らかいなぁと感じますが、最後にオーブンで焼くと、食感もかなり改善されます(とはいえ、関西風なパリッと焼きまでにはいかないです)。味はタレの味が先行するので、かなり鰻として食べられる気がします。うちの子も「柔らかい以外は鰻だね」と美味しそうに食べていました。さらに進化して欲しいなぁ。

↓うな蒲ちゃんは楽天で購入できますよ。

 

——-株式会社スギヨ 基本情報———-
〇創業年  1868年創業 / 明治元年創業
〇営業時間
・本社機能のため割愛
〇住所
石川県七尾市西三階町10号4-1
(公式サイト)⇒ ヘルシー&ハッピー 株式会社スギヨ 公式WEBサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です