進々堂のコロッケバーガーで、京都の旅を〆る / 京都 寺町 1913年創業 (大正2年)

長らく日本の首都が置かれていた、古都 京都。その繁栄を共にした多くの老舗が、今も営業を続けています。日本一老舗が多いかもしれない町、そんな京都の老舗にお伺いしました。

1913年創業、日本で初めてパリへパン留学をした創業者につくられた 進々堂

市役所前駅から徒歩6分ほどの場所にあるベーカリー 進々堂 寺町本店。1913年(大正2年)に、続木斉(つづきひとし)氏によって創業されたベーカリーショップです。創業者の続木斉氏は、フランスパンにあこがれ、日本人として初めてパリへパン留学をした方でもあります。

こちらが店舗外観。レンガが印象的な、ヨーロッパを感じるお店。

寺町店は、レストラン及びイートインができるスペースと、販売スペースの2つを備えています。今回は新幹線の時間が迫っていたので、パンを購入して持ち帰りとしました(時間に焦り、店舗内の写真をこの1枚以外撮り漏れ…)。

進々堂さんは、フランスパンをはじめとしたハード系の本格パンと、日本的なお総菜パンの両方を販売されていました。今回はコロッケパンをチョイス。コロッケ、自家製ソース、ザワークラウト風のキャベツのバランスが良く美味しかったです。学生時代近くにあったら、部活帰りに毎日買いに行きそうw。京都でパンと聞くと、関東の方には以外に聞こえるのかもしれませんが、京都市は神戸市と並ぶパン大国。年によって多少の前後はありますが、総務省の家計調査でパンへの出費額の多い都市のトップ2がこの両市なんです。
そんな京都のパンを支えてきた1つが、今回ご訪問の進々堂さん。滞在時間が短かったので、進々堂さんの楽しさの一端しか体感できませんでしたが、ハレの日用のハードパン、ケの日用のお総菜パンの両方を扱われていて、深掘りし甲斐がありそうなお店でした。次回の京都訪問時も寄ってパンを買いたい!

—— 進々堂 基本情報———-
〇創業年 1913年創業 / 大正2年創業

下記は、本店である寺町店の情報となります。
〇営業時間
▼レストラン・イートイン
・7:30~19:00
・モーニング 7:30~11:00
・ランチ 11:00~19:00(O.S 18:30)
※イートインは11:00~14:00は利用不可
▼ショップ
・7:30~20:00
※年中無休
〇住所
京都府京都市中京区寺町通竹屋町下る久遠院前町674
(公式ページ)⇒ 進々堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です