丸尾本店のヨロコビガイジン(悦凱陣)を飲む / 香川 仲多度郡 1885年創業 (明治15年)

香川県中部~中南部(中讃地域)の仲多度(なかたど)郡は、琴平(ことひら)町・多度津(たどつ)町・まんのう町の3町が属しています。琴平町は1890年(明治23年)に那賀郡琴平村(旧・金毘羅村)から旧町となり、1955年(昭和30年)に榎井村との合併で発足の現町が1957年(昭和32年)に満濃町一部を、1958年(昭和33年)に象郷村大半を編入して現町域となりました。古くから“讃岐の金毘羅(こんぴら)さん”の通称で知られる象頭山(ぞうずさん)中腹に鎮座する金刀比羅宮(ことひらぐう)の鳥居前町として発展してきました。鳴子・一刀彫り・こんぴらにんにく・銘菓(加美代飴・灸まん・こんぴら饅頭・こんぴら歌舞伎銘菓 釣女・舟々せんべい等)・清酒・讃岐うどん等が特産品・名物・郷土食です。郡内には飲食店・和菓子店・醸造所(味噌・醤油・清酒)・温泉旅館など老舗が多数残っています。

1885年創業、名酒・悦凱陣で知られる 丸尾本店

榎井駅から徒歩5分ほど、琴平駅から徒歩11分ほどの場所にある 丸尾本店。1885年(明治15年)に創業された酒造メーカーです。琴平の浪花堂餅店さんとお話をしている時に、「この辺りの老舗店教えてください」と聞いて最初に出てきたのが、「この辺だったら、ガイジンが有名よ」と言われ、「え、外人?」と思ったら凱陣 = ガイジンという名前のお酒でした。響きだけだと誤解しちゃいますね。

という丸尾本店さんの外観です。琴平の篤志家・長谷川佐太郎氏の史跡でもあります。桂小五郎や高杉晋作が潜伏していたこともある場所なのだとか。

凱陣の樽が積まれている図をアップでどうぞ。
こちらが入り口のようですが、お伺いした日はお休みでした。
悦 凱陣はとても人気のあるお酒で、香川県内でも扱っているお店は少ないようでした。高松市内の先輩に「ここなら買えるはず!」と教えてもらったお店で買ってきました。手造り純米酒と書かれています。
箱を開けるとこんな感じです。

ラベルをアップでどうぞ。辛口系でお魚と合いそうな味がしました。

香川県内には酒造メーカーが片手ほどしかなく、その中で丸尾本店さんは最も知名度が高いメーカーで、凱陣のほとんどは県内で消費されてしまう人気ぶりとのこと。今回は東京に戻って飲みましたが、次回は瀬戸内のお魚と一緒に楽しみたいなぁ。

↓凱陣は楽天で購入することも出来ますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

悦凱陣 山廃純米 讃州雄町 無濾過 生原酒 720ml − 丸尾本店
価格:2255円(税込、送料別) (2023/1/11時点)

楽天で購入

 

 

——丸尾本店 基本情報———-
〇創業年  1885年創業 / 明治15年創業
〇営業時間
・9:00-18:00 (仕込み期間は15:00-)
※不定休
〇住所
香川県仲多度郡琴平町榎井93
(香川県酒造組合内 公式ページ)⇒ 有限会社 丸尾本店 | 公式)香川県酒造組合・香川県酒造協同組合ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です