江戸初期から伝わる味、小島屋のけし餅 / 大阪 堺市堺区 延宝年間創業 (1673年-1681年)

大阪府堺市北西部の堺区は、安土桃山時代に有力商人の会合衆(えごうしゅう/かいごうしゅう)が自治運営して繁栄した中世以来に環濠都市だった地域を含み、市役所等の官庁・シティホテル・百貨店等の商店が集積して市の中心部となっており、沿岸部には堺泉北(せんぼく)臨海工業地帯が広がっています。堺の地名は摂津・河内・和泉の三国の“境”に発展したことによるとされ、かつては“境”/“左海”とも表記されました。北・西・中各区にまたがる百舌鳥(もず)古墳群の一角の仁徳天皇陵(大仙陵古墳)を始め寺社・古跡も多く、中世の千利休・今井宗久・津田宗及等の茶の湯文化の伝統もあって多数の名物和洋菓子があり、市内には老舗の飲食店・和洋菓子店・製菓会社・昆布や醤油等の食品店などが数多く残っています。

延宝年間創業、伝統のけし餅を守り続ける 小島屋

宿院のバス停目の前、堺駅から徒歩13分ほどの場所にある 小島屋。延宝年間(1673年-1681年)に創業された和菓子店で、大阪名物・堺名物として知られるけし餅が有名です。けし餅 = けしの実はインドからもたらされたとされ、大阪・堺・和歌山周辺で栽培が始まったそう。千利休の時代にお茶と和菓子の文化が生まれ、その中でけしの香味を生かして考案されたのが けし餅とされています。

という、けし餅をお取り寄せしました。のしに堺名産とあります。フォントがかっこいい。 開けるとけし餅の説明の紙とけし餅が現れます。 まずは説明紙から。昭和天皇等にも献上された由緒正しいお菓子なのです。 こんな感じの6つ入りを購入しました。
一つ取り出した図。あんこ入りのお餅をけしの実で包んだお菓子です。この細かな粒々が全部けしの実です。

けし餅は名前は聞いたことがあったものの、実は実物がどんなものか知らなかったので、「え、けしの実こんなに付いているの?」とちょっとびっくりしましたw。そのまま食べても美味しかったですが、後日オーブンで少し温めたものを食べたのですが、香ばしさが加わって更に美味しかったです!また何かの機会に食べたいなぁ。

↓楽天で購入できますよ。

 

—— 堺名産けし餅本舗 小島屋 基本情報———-
〇創業年  延宝年間創業 (1673年-1681年)
〇営業時間
・8:30-18:00
※無休
〇住所
大阪府堺市堺区宿院町東1-1-23
(公式サイト)⇒ 大阪 堺名産けし餅本舗 手土産としても喜ばれる和菓子|小島屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です