菊廼舎 (きくのや) の冨貴寄 / 東京銀座 明治23年創業

天國さんでランチの後、せっかくなら銀座で手土産でも買っていこうか、と思い立ちました。松崎煎餅さんは行ったばかりだし、木村屋のあんぱんはおやつだと日持ちしないからなぁ、と悩んだ結果伺ったのは…。

明治23年創業、名物 冨貴寄(ふきよせ)で知られる菊廼舎 (きくのや)

日本一地価が高いと言われる銀座四丁目の交差点すぐそばにある銀座コア。その地下1階に、冨貴寄で有名な菊廼舎さんはあります。

エスカレーター正面側のお店の風景。 

こちらはエスカレーター脇にある受付カウンター

あの有名な菊廼舎さんの冨貴寄がこちら。干菓子が沢山詰められています。
元々菊廼舎さんは、今の歌舞伎座のそばでお店をスタートし、歌舞伎煎餅を売られていたそうです。そして大正の後期に、二代目の方が、干菓子をヒントに
冨貴寄を考案されたそうです。
(詳しい歴史は、こちらの菊廼舎についてページに詳しいです)

日持ちするお菓子とは言え、直ぐに食べ終える量ではないため、小さめの吹き寄せを買いました。

涼し気な夏仕様。

中身はこんな感じです。夏パッケージだけあって、金魚が入っています。この小さなパッケージにも数十種類入っており、お得感かなりあります。一つひとつは甘すぎず、お茶うけにもピッタリ!

吹き寄せのイメージが強い菊廼舎さんですが、HPにご紹介されている通り、季節のお菓子やお饅頭等沢山扱われています。季節の吹き寄せと合わせて、季節のお菓子も買ってみるのも楽しそうですね。

———-銀座菊廼舎 基本情報———-
〇創業年 明治23年 / 1890年創業
〇営業時間
11:00〜20:00
〇住所
〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目8−8 銀座コアビル B1
(公式サイト)⇒ 銀座菊廼舎-きくのや-|冨貴寄や季節の生菓子など心安らぐ江戸和菓子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です