茅場町 長寿庵でロースカツ定食を食べたら、蕎麦もカツも最高だった / 東京 茅場町 1907年創業 (明治40年)

東京駅・神田駅からほど近い日本橋。この街は、昔ながらの老舗が多数ある老舗の聖地の一つ。今回は日本中に暖簾分け店を構える、長寿庵さんの老舗店の一つにお伺いしました。

1907年創業、長寿庵 十日会の総本山  茅場町 長寿庵

茅場町駅から徒歩1分の場所にある 茅場町 長寿庵。日本の至るところにある長寿庵さんですが、そのルーツは1704年(元禄17年)まで遡ることができる、老舗蕎麦屋さんとなります。
長寿庵さんは、その長い歴史の中で、「采女会」、「四之橋会」、「十日会」「実成会」の4会派に分かれ運営をされることになりました。今回お伺いした茅場町 長寿庵さんは、「十日会」の総本山ともいえるお店です。「十日会」立上げの経緯としては総本店から最初に暖簾分けされた「采女会」があり、その「采女会」から暖簾分けされて開業したのが「十日会」となります。

と、説明が長くなりましたが、こちらが店舗外観です。地下に店舗があります。 階段を下りる手前のところにはメニューも掲示されていました。どれにするか悩みますね…。 中に入りました。ランチタイムは定食メニューも用意されていました。季節のかわりご飯のセット、美味しそう!と思ったら既に売り切れ。今回はメニュー表の中で、やや異彩を放っているロースカツ定食をオーダーしてみました。
じゃじゃん、こんな感じです。ロースカツ、想像していたよりデカい。お蕎麦はミニサイズで、小鉢とお新香、お味噌汁が付いたセットです。お蕎麦のアップ写真がこちら。白めの更科っぽいお蕎麦でした。美味い。
そしてこちらがロースカツ。自分で頼んでおいてなんですが、老舗蕎麦屋でロースカツを頼む必要あるのか、と自問しつつオーダーし、そして食べてみたんですが、想像を超える美味しさでビックリ。流石老舗、何を作ってもちゃんと美味しい…。

今回は老舗蕎麦屋さんで、ロースカツを頼む、という、自分としてはちょっと予想していなかった体験になったのですが、メニューとして用意されているだけあって、抜群に美味しかったです。カツがさっくり揚がっていて、胃もたれせず食べられ、ご年配の方でもサラッと食べられそうな感じでした。と、満足感の高いランチとなりましたが、蕎麦をもう少し食べたいなぁ、という気分になったので、また機会を見つけて蕎麦を楽しみに行ってみようと思います。

——- 茅場町 長寿庵 基本情報———-
〇創業年 1907年創業 / 明治40年創業
〇営業時間
月~金 ランチ 11:00~15:00
月~金 ディナー 17:00~21:30
土 ランチ 11:00~15:00 ディナー 17:00~20:00
※日曜・祝日定休日
〇住所
東京都中央区日本橋茅場町1-9-4
(ぐるなび)⇒ 茅場町 長寿庵(茅場町/食事処) – ぐるなび

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です