20種類以上の手焼きせんべいを販売する金子屋 / 東京 柴又 大正年間創業(1912-1926)

映画「男はつらいよ(寅さんシリーズ)」の舞台と知られる柴又。下町の雰囲気を残すこの街には、帝釈天に向かう柴又参道を中心に多くの老舗が残されています。

大正年間創業(1912-1926)、20種類以上の手焼きせんべいを販売する金子屋

柴又駅から徒歩5分、帝釈天から2分の距離にあるのが手焼きせんべいの金子屋。創業は大正年間(1912-1926)の創業。今も手焼きでお煎餅を焼かれ、常時20種類以上のお煎餅が店頭に並んでいます。

こちらが店舗外観。物凄い数のお煎餅が並んでいます。テンション上がりますね!

お煎餅は1枚から購入できるものも沢山あります。これは悩みますねぇ。

今回は、のり巻きとニンニクを1枚ずつ購入しました。

こちらがのり巻き。海苔がパリパリしてて美味い。

そしてニンニク。見た目からは分かんないですが、これ超強烈…。ニンニクがかなり好きでないとキツイかも。僕はちょっと辛い、が、好きな人は好きな超絶パンチのある味でした。

お煎餅屋さんは、そこまで違いが無いものだったりするんですけど、金子屋さんはこのニンニク味の強烈さから、他と違う味の模索をされている事が伝わってきました。色々と食べ比べてみると、違いが発見できて楽しそうです。

———金子屋 基本情報———-
〇創業年 大正年間創業(1912-1926)創業
〇営業時間
10:00~18:00
※ 不明
〇住所
東京都葛飾区柴又7-7-5
(公式サイト)⇒柴又 手焼せんべい 金子屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です