東京 神田笹鮨(1903年創業)

今回訪れたのは江戸の下町、東京・神田。
JR神田駅・東口より近く、神田笹鮨はあります。

屋台から始まった笹鮨

神田笹鮨は明治38年(1903年)創業。
初代は屋台の鮨屋から始まりました。後に日本橋に神田笹鮨の前身である店を構え、
昭和23年より神田に移転し今の「神田笹鮨」に至ります。
2016-10-25-12-30-46

江戸前鮨とは?

神田笹鮨に欠かせないキーワード「江戸前鮨」
江戸前鮨とは一体何なのでしょうか?

江戸前鮨(江戸前寿司)は江戸前(今で言う東京湾)で獲れた新鮮な魚を握りにした江戸の郷土料理。または酢飯に四季折々の魚介の刺身を乗せ握りにした江戸風の握り寿司。
要は一般的に「寿司」という名前でイメージされた握り寿司は江戸前鮨のことを示します。
江戸で屋台など気軽に食べられていたファーストフードのような存在だった江戸前鮨。それが日本の他の地域や世界に広く伝わり今の「寿司」のスタイルになったのですね。
ここ神田笹鮨は、江戸から伝わる昔ながらのスタイルを変わらずに受け継がれているお店です。

unspecified

変わらない江戸前の老舗の味と大将のこだわり

見るからに職人というオーラの三代目の大将が黙々と作業するのを拝見しながらカウンターで注文。
今回注文したのは「並ちらし」と「並すし」。
「並すし」は握りを半分にしている可愛らしいスタイルでした。その理由は自分が女性なため食べやすいように提供して頂いた模様です。
こうした細かい気遣いも嬉しいですね。一口サイズは女性には嬉しいです。もちろん味も美味しい。
「並ちらし」は自分の知っている見た目のちらし寿司ではありませんでした。具が大きい。ちらしのデンブが特に美味しい。これはなんだろう?
2016-10-25-12-46-29_b

ブログ用にお寿司の写真を撮り、お寿司を食べていると
「写真撮るのは構わないけど、何を食べてるか分かんないなら聞いて欲しい」と。
注意され怒られたのでは決してありませんよ!

「美味しいと思ったなら、どうして美味しかったかを聞けば良い。聞いても聞かなくても値段は一緒」
とおっしゃっていました。

外食をすると作っている人が見えないことの方が多く、食べて満足してしまいがちです。
「どうして美味しかったか?」というのは思ってもそのままにしてしまいますよね。

そんな江戸っ子気質な大将の今も昔も変わらないこだわりが随所に散りばめられている江戸前寿司、是非一度召し上がって頂きたい。

———-神田笹鮨 基本情報———-
・創業年
・1903年(明治38年)
・営業時間
【昼食】11:30〜13:30
【夕食】17:00〜22:00
【定休日】日祝
・住所
・東京都千代田区鍛冶町2-8-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です