亀屋の餃子煎餅は、にんにくガツンと系 / 埼玉 飯能市 1903年創業 (明治36年)

埼玉県南西部の飯能(はんのう)市は入間川上流の渓口集落として発展した町で、地名由来には榛(はん)の木が茂る野で“榛野”転訛説・“萩野”転訛説・武蔵七党丹党の判乃氏居住説等があります。江戸時代は武蔵国西部の山間地帯と同様に幕府領でした。中世より林業が盛んで、江戸時代には火事多発で木材不足の江戸に、入間川・高麗川等から荒川経由の10日間程度で一帯の杉・檜等の木材が大量に運ばれ、江戸の西の川からの“西川材”と称されました。主産地の入間市に連なり狭山茶も生産され、地酒や四里餅等の名物もあり、市内には老舗の飲食店・和菓子店などが残っています。

1903年創業、煎餅と和菓子の店 御菓子処 亀屋

飯能駅から徒歩5分ほどの場所にある 御菓子処 亀屋。1903年(明治36年)に創業された、お煎餅と和菓子のお店です。お煎餅も和菓子もたくさんの種類を作られているので、選ぶのにかなり悩むお店です。

という、亀屋さんの外観。クラシカルなザ・和菓子屋さん!って感じです。

店内に入りました。入って正面はお煎餅コーナー。お煎餅だけでもものすごい種類があります。

名物の1つが餃子煎餅。生のにんにく醤油に一味で味付けされています。

和菓子は生菓子も販売されていました。

飯能をイメージしたお菓子も。

ということで購入したものです。その1が餃子煎餅。見た目は普通のお煎餅です。

一つ取り出した図。見た目は普通ですが、味はニンニクが効いててパンチがあります。ビールに合いそう!

もう1つ購入したのが甘薯煎餅。さつまいものお煎餅です。優しい甘さがとっても良い。無限に食べられる系のお菓子です。
最後が飯能おぼろ。おぼろ種という生地に柚子餡、梅餡が挟まれています。淡い色使いで見た目も可愛いですね。焼印は飯能笹の意匠だそうです。

亀屋さんのお菓子、どれも1工夫がされていてとってもおいしかったです。個人的には名物の1つである餃子煎餅がヒットでした。亀屋さんはわらび餅も有名だそうなので、次はわらび餅を買ってみたいと思います。また飯能に遊びに行く際に買わなきゃだ。

———亀屋 基本情報———-
〇創業年 1903年創業 / 明治36年創業
〇営業時間
・9:00〜19:00
※月曜日 定休日
〇住所
埼玉県飯能市仲町7-28
(公式ページ)⇒御菓子処 亀屋 – 飯能銀座商店街

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です