しらす丼発祥の店 かきや旅館で、しらす丼を食べる / 神奈川 鎌倉 1800年代末創業

言わずとしれた古都 鎌倉。江戸時代中期には徳川光圀(水戸黄門)によって「新編鎌倉志」が刊行されると、江戸近郊の歓楽街として再び脚光を浴び、近代には鎌倉文士と呼ばれる多くの文人らを産む文化都市として発展しました。そんな長い歴史を持つ鎌倉にも、沢山の老舗が息づいています。

1800年代末創業、鎌倉名物しらす丼発祥の店 かきや旅館

江ノ電 腰越駅・江ノ島駅のどちらからも徒歩3分程度の場所にある かきや旅館。詳しい創業年は分からないそうですが、1800年代末の創業で、現在120年強の歴史をお持ちとのことでした。かきや旅館さんは旅館と飲食店を営んでいらっしゃいますが、今や鎌倉名物として知られることとなった、しらす丼発祥のお店でもあります。

という、かきや旅館さんの外観はこちら。看板にも「元祖しらす丼」の文字が見えますね。

外に立てかけられていた看板では、セットメニューの紹介が。やっぱしらす三昧の「こゆるぎ」かなぁ。 中に入りました。メニューはこんな感じ。しらす三昧の「こゆるぎ」と「静御前」のどちらかを頼んでいる方が多かったです。私はしらす丼食べたかったので「こゆるぎ」1400円をオーダー。 じゃじゃん、やってきました。見てください、このしらす三昧!!! まずは元祖のしらす丼。錦糸卵、海苔、胡麻の上に、釜揚げしらすが乗っています。美味い、大好きだ! こばちでは生しらすが。生はまた違った美味しさがありますよね。
そして天ぷら。後ろに隠れているのがしらすかき揚げです

しらすかき揚げのアップがこちら。かき揚げも美味いですねぇ。 かきや旅館さん、いついっても大体並ぶのですが、私が伺った日も11時過ぎで既に行列が。待ち時間が長かったので、芸能人の色紙を眺めてました。有名人のがいっぱいですね。

かきや旅館さんのしらす三昧のセット「こゆるぎ」、本当に最高で、上述した通り、しらす丼・生しらす・しらすかき揚げがついて1400円でした。もう一つのしらず三昧セット「静御前」は、しらすかきあげ丼・生しらす・しらすちらし蕎麦の3品で1400円。どちらを頼んでも、一人しらす祭りが開催可能です。しらす食べたくなったらぜひ、かきやさんへ!

——- かきや旅館 基本情報———-
〇創業年 1800年代末創業
〇営業時間 (レストランの営業時間となります)
・10:00~14:00
・17:00~20:00
※木曜日 定休日
〇住所
神奈川県鎌倉市腰越3-7-24
(公式サイト)⇒ かきや 湘南・鎌倉 腰越のしらす料理と旅館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です