一笑堂の小さな銘菓 鶏卵饅頭 / 愛媛 今治 1790年創業 (寛政2年)

瀬戸内の要所として、今治藩の城下町として古くから栄えた、愛媛県第二の都市 今治。タオルと造船の印象の強いこの街にも、沢山の老舗が残っています。

1790年創業、小ぶりの可愛いおまんじゅう鶏卵饅頭で有名な 一笑堂

今治駅から、瀬戸内海に向かって20分弱あるいた場所にある一笑堂。約400年前の今治藩の築城のころ、大手門付近で大手饅頭というお饅頭が人気だったそう。この大手饅頭を水を使わず卵を用いて作ったのが一笑堂の名物「鶏卵饅頭」で、1790年(寛政2年)のことだそうです。創業当時は蛭子屋という名前だったそうですが、5代目の定四郎さんの時に「お客様を笑顔で迎えられるように」と、一笑堂と屋号を変更されました。

こちらが店舗外観。大通りに面した広いお店です。年季の入った老舗具合が垣間見えますね。

もう少し正面から。今まで不定休だったお休みを、水曜日休みとされたことが告知されています。 お店のディスプレイの様子。鶏卵饅頭が沢山並んでいます。 こんな小さなサイズも、12個入りで300円です。1個25円と超安いのは、サイズが小さいからです。 ということで買ってきました。12個入り。
こちらが箱を開けた状態。こんな感じでぎっちり入っています。1個2センチほどと、超小さい!こんな小さなお饅頭の中に、餡子が入ってます。

一笑堂さんの鶏卵饅頭は、今まで食べたどのお饅頭より小さく印象的でした。甘さも控えめで食べやすく、12個あっという間に一人で全部食べてしまいました。12個全部食べても、普通のお饅頭2個ー3個ぶんぐらいかなぁ、といった感じ。日本全国で鶏卵饅頭は買えるようなので(店舗一覧ページ)、関東で見かけたら、また購入してみます。

↓楽天で購入できますよ。

鶏卵饅頭 40ヶ入り

楽天で購入

 

 

———一笑堂 基本情報———-
〇創業年 寛政2年 / 1790年創業
〇営業時間
9:00~18:00
※水曜日 定休日
〇住所
愛媛県今治市中浜町1-1-21
(公式サイト)⇒一笑堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です