白水舎乳業から、宮崎感あるアイスセットをお取り寄せ / 宮崎 宮崎市 1919年創業 (大正8年)

宮崎県南東部の県庁所在地・宮崎市は、日向灘に注ぐ大淀川が中央を流れている宮崎平野南端に位置する場所。市名は旧宮崎郡に由来し、“神社の前(さき)”の意味とされています。青島・宮崎神宮・フェニックスシーガイアリゾート等の名所・行楽地があり、巨人始め諸プロ野球団・サッカー等のスポーツチームのキャンプ地として知られています。トマト・ピーマン・胡瓜等の促成栽培や酪農が盛んで、マンゴー・日向夏が名物となっています。冷や汁・釜揚げうどん・地鶏炭火焼・チキン南蛮・肉巻きおにぎり・餃子等の郷土料理も多く、市内には老舗の飲食店・和洋菓子店・食品店が残っています。

1919年創業、カリフォルニアで学び宮崎で牧場を開いた 白水舎乳業

宮崎駅から徒歩5分ほどの場所にある 白水舎乳業。1919年(大正8年)に、奄美大島出身の都成仲二氏が、宮崎市高松町で酪農をスタートしたことでその歴史が始まりました。都成仲二氏は創業前にカルフォルニアで酪農に触れ、それが創業のきっかけになったのだとか。ちなみに、白水舎は仲二氏の「牛乳は命の白い水じゃ」という言葉から取られたそうですよ。

白水舎さんといえば、ソフトクリームと甘酒 百白糀が有名ですが、今回は私が食べたかったアイスクリームのセットをお取り寄せ。6個入りのパッケージです。日向夏、マンゴー、紫芋に宮崎らしさが出ています。

こちらミルクのパッケージ。ミルクの味濃い目で美味しかった。 そしてカフェアイス。

見た目より苦みが強く大人の味。こういうアイスもよいなぁ。
そしてマンゴー! 程よいマンゴー感がアイスにあって良いです(濃い目のマンゴープリンっぽい感じは苦手なので、このバランスが個人的に良かった)。
そして紫芋。アントシアニンの色ですね(と、パッケージにも書いてあるw)。 良い感じの朴訥な甘み。好きだな、これ。

最初にお取り寄せしたのが、自粛真っただ中の真夏だったのですが、美味しかったので一瞬で消費してしまいました。どれも美味しかったけれど、何だかんだと個人的にはミルクが一番で、次が割と大人テイストだったカフェアイスと、紫芋が個人的なヒットでした。次は現地でソフトクリーム食べたいなぁ。

↓購入したのはこのDセット。全種類入ってるので初回購入にお薦めです

 

———白水舎乳業  基本情報———-
〇創業年 1919年創業 / 大正8年創業
〇営業時間
・本社機能のため営業時間なし
〇住所
宮崎県宮崎市宮崎駅東3丁目2番地15
(公式サイト)⇒宮崎県の白水舎乳業 | 牛乳・牛乳甘酒 百白糀・アイスクリーム・ソフトクリーム販売と公式通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です