牡蠣と穴子の味噌おでんが最高な権兵衛 / 広島 広島市 1924年創業 (大正13年)

中国地方の中心都市である広島県。戦争の被害が大きかった広島市ですが、戦前から営業されていた何件ものお店が、今も営業されています。

1924年創業、味噌と出汁の2つのおでんが食べられる 権兵衛

広島市の繁華街流川の外れにある権兵衛。1924年(大正13年)創業の、広島最古のおでん屋として知られるお店です。権兵衛という名前ですが、その昔このお店には名前がなかったそうで、そこから「名無しの権兵衛」と呼ばれるようになった、という話があるとかないとか。真相は今度確認してみたいと思います。

こちらが店舗外観。昭和28年に流川で営業を再開されたそう。権兵衛のおでんの特長は、味噌おでんと出汁おでんの2種類を提供されていること。お店では味噌おでんのことを白みそおでん、出汁おでんのことを瀬戸内風おでんと呼んでいるそう(インタビュー記事より)。

こちらがみそおでんのメニュー。一部メニューはやおぎも・とりかわ・なすび・ぶたみみ・うなぎは、みそおでんのみのネタだそう。

こちらが出汁おでんメニュー。物凄い数!!ほとんどの種は手作りだそうですよ。シュウマイだって自家製なんです。

おでん、といえば、からスタートしました。出汁の大根。優しい味が染みていて最高。

上で書いた自家製のシュウマイ。自家製です、と説明された瞬間に「それください」とオーダーしました。間違いない。

がんも的なものとつくね。つくねがホロホロで美味しかったー。そして玉子・椎茸・ごぼう天。飲めないお酒が進んで困る…。

ここまでは、出汁のおでん。
そろそろお腹もあったまったので、味噌おでん行くぞ!と牡蠣を味噌でオーダーしました。見てくださいこの牡蠣。美味しすぎてすぐ2回目頼みましたw。

こちらが穴子。穴子も味噌とのマッチングが最高過ぎます。味噌牡蠣と合わせて必ずオーダーすべきアイテムです。

現地の友達に「権兵衛行くんだー」と自慢したら、「茶飯を食べる余裕を残しておいて必ず食べてください」ときつく念を押されました。

あぁ、山本氏あなたは正しかった。この茶飯凄く美味しい。みそだれちょっとかけると更に美味しい。

権兵衛さんに伺う時、広島に来てなぜおでんを食べるのか、とかちょっと考えちゃったんですよ。何も調べていなかったので、こんなに広島的スタイルのおでんがあると知らなかったこともあり。
そんなことを考えてしまった自分を反省しつつ、広島に来る皆さんに大きな声で言いたいです。広島では味噌おでんで、牡蠣と穴子を食べてください。深夜2時まで営業されているので、2件目でも3件目でもいいですから。きっと素晴らし広島の夜の締めになると思いますよ。

———権兵衛 基本情報———-
〇創業年 大正13年 / 1924年創業
〇営業時間
17:00〜23:00
(2階は月曜除く火~土曜 〜翌2:00)
※日曜・祝日 定休日
〇住所
広島県広島市中区薬研堀1-23
(インタビューページ)⇒大正13年創業、地元民が愛する「瀬戸内風おでん」とは/広島 – Yahoo!ライフマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です