最も古い不二家で、不二家発明のショートケーキを食べる / 神奈川 横浜 1910年創業 (明治43年)

開港150年を迎えた横浜の繁華街である関内・桜木町エリア。横浜には、横浜発で全国に広がったお店の1号店もあるんですよ。

1910年創業、横浜からスタートした日本を代表する洋菓子店 不二家

関内駅から徒歩5分強の場所にある不二家 横浜センター店。こちらは、現存している不二家の最も古い店舗です。不二家の創業は1910年(昭和43年)。愛媛出身の藤井林右衛門が、横浜元町に店舗を開業したことで、その歴史が始まりました。

「不二家」という名称は、創業者藤井氏の「藤」、日本のシンボル「富士山」、二つと無い存在「不二」から取られています。1910年の元町店開業後、22年にレストラン1号店でもある伊勢佐木町店、23年には銀座店を開業しています。が、関東大震災によって3店ともに焼失。元町店はそのまま閉店となり、伊勢佐木町店、銀座店を運営することとなりました。
つまり、1号店は元町店となりますが、元町店は既に存在していないため、現存する最も古い店舗は伊勢佐木町店、現横浜センター店となります。

ということで、不二家2号店・レストラン1号店である、不二家で一番歴史の古い店舗横浜センター店へ行ってきました。手前で洋菓子の販売、奥側でレストラン運営されています。

今回レストランに伺いました。メニューはファミレスっぽい感じです。お得な日替わりランチもありますよ。お昼ご飯を食べてから伺ったので、今回はケーキをオーダー。不二家と言えばケーキ、という印象が強いですが、
・日本で初めてクリスマスケーキを販売した会社(1910年)
・日本で初めてショートケーキを販売した会社(1922年)
という、日本のケーキの歴史を作った会社なんです。
ただ、当時のショートケーキは、バタークリームで、かつ、イチゴもなかったようで、イメージするショートケーキではなかったそう。

前段が長くなりましたが、日本のショートケーキのレシキを作った不二家のショートケーキとドリンクバーをオーダーしました。

ショートケーキをややアップで。クラッシックな昔ながらのスタイルです。

不二家は、いたるところにあるものの、あまり食べる機会がなく、ここ数年ご無沙汰をしてしまっておりました。久々に食べて、「これ、日本のケーキの原風景だな」って感じるほど、懐かしさと美味しさが同居していて、なんとも言えない気分に。
いつ食べても幸せな気分になれる素敵なケーキが、不二家で再会できました。

———不二家 基本情報———-
〇創業年 明治43年 / 1910年創業

※下記は2号店である、横浜センター店の情報です。
〇営業時間
[レストラン]11:00~22:00
[洋菓子売場]10:00~22:00
※定休日なし
〇住所
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-6-2
(公式サイト)⇒株式会社不二家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です