榮太樓總本鋪で、金鍔 (きんつば) / 東京 日本橋 1818年創業 (文政元年)

東京駅から日本橋まで足を延ばすと、いくつかの老舗にたどり着くことが出来ます。東京駅からギリギリ歩いて行ける和菓子の老舗が、榮太樓總本鋪さんです。

1818年創業、金鍔で知られる 榮太樓總本鋪

栄太郎本舗の長い歴史は、文政元年(1818年)に始まります。埼玉県飯能市で菓子商を務められていた細田徳兵衛さんが、江戸で「井筒屋」という屋台を構えことがスタートです。その徳兵衛さんの曾孫にあたる3代目細田安兵衛さん(幼名栄太郎さん)が、安政四年に日本橋にお店を作ります。その時に自らの幼名栄太郎から名前をとり、「榮太樓」と改めたそうです(以上は、榮太樓總本鋪さんのウェブサイトから抜粋し編集しています。)

こちらが日本橋の本店です。昭和22年からは喫茶室が併設されています。

今回は喫茶室でお茶をしました。

メニューはこちら。甘味メニューだけでなく、ランチメニューもありますよ。
また、このメニューにないものでも、店頭に出ているものであれば、喫茶室で購入して食べることもできます(喫茶メニューを別途頼む必要があります)。

ということで私は、喫茶メニューにあった季節の生菓子が付いた抹茶セットに、栄太郎本舗といえば、のきんつばを頼みました。

こちらが上生菓子の寄りのショット。仕事が細かくて感動しますね。

そして金鍔(きんつば)。栄太郎本舗を代表する銘菓です。刀の「鍔(つば)」をかたどった菓子で、この形状なのだそう。ちなみに金鍔が作られる前には、京都に銀鍔というお菓子があったそうですが、小麦を焼いた焼き色が金色だったことから、金鍔と名付けられたそうです(この辺りも、栄太郎本舗さんのウェブサイトに詳しいです。)

こちらは抹茶あんみつのセットに金鍔。

こちらが抹茶あんみつの寄りのショット。キレイなグリーンの寒天がいい味出してますね。

栄太郎本舗さんといえば金鍔ですので、今回金鍔を頂いたのですが、栄太郎本舗さんは季節毎に、季節の素材を使った金鍔を出されていらっしゃいます。桜の金鍔、甘夏の金鍔、栗の金鍔、安納芋の金鍔、黒ゴマの金鍔、などなど。今回は定番から入りましたが、次は季節限定ものを食べに行こうと思います。

———榮太樓總本鋪 基本情報———-
〇創業年 文政元年創業 / 1818年創業
〇営業時間
9:30~18:00(月~土)
※日曜・祝日定休日
〇住所
東京都中央区日本橋 1-2-5
(公式サイト)⇒ 榮太樓總本鋪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です