江戸清でブタまん食べ歩き / 神奈川 横浜中華街 1894年創業 (明治27年)

明治時代に開港し、新しい文明が流れ込んできた横浜。横浜には外国人居留地が作られ、その場所が現在横浜中華街として知られる場所となります。その中華街には開港直後に創業された100年越えの老舗が何店かあること、ご存知ですか。

1894年、中華街の食べ歩きブームを作った 江戸清

中華街に複数店舗を構えているブタまんで有名な江戸清さんは、1894年に外国人居留地に作られた精肉店「江戸清」がルーツとなります。長らく周りの中華料理店へ卸売をされていた江戸清さんですが、3代目の方が中国から料理人を招聘し新たな名物を作り上げました。それが中華街の食べ歩きアイテムとして知られることとなる「江戸清のブタまん」となります。

こちらが江戸清さん本店。江戸清さんは本店以外に他に3店舗、中華街内で店舗経営をされています。

もう少し寄り気味のショット。肉が2倍!と歌うだけあって、かなり大きなブタまんです。

ということで買いました、ブタまん。サイズが伝わるか不安ですが、約250グラムとかなりのビッグサイズです。ちなみに関東ではブタまんよりも中華まんのほうがポピュラーな名前ですが、江戸清さんは豚肉屋さんにルーツがあるため、ブタまんと呼ばれているそうです。

こちら中身。あっさり目です。

もう一つ、リーロンまんというのを買いました。何か分からないままですが(ウェブにも説明があまり載っていないw)、中華風の濃い目の味付けで、これはこれで美味しかったです。

今や中華街で当たり前となった食べ歩きですが、その火付け役が江戸清さんと言われています。中華街は美味しいものが沢山あって目移りしがちですが、一度は江戸清さんを試してみてください。ちなみに本当に大きいので、一人で食べると昼ごはん・晩御飯に影響が出かねないことを忘れずにいてくださいw。

———江戸清 基本情報———-
〇創業年 明治27年 / 1894年創業
〇営業時間
[月~金]9:00~20:00
[土・日・祝]9:00~21:00
※定休日 なし
〇住所
神奈川県横浜市中区山下町192
(公式サイト)⇒ ブタまん・肉まん・点心の【江戸清】公式通販|横浜中華街で人気の元祖ブタまん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です