松竹大船撮影所で “ちびそば”と呼ばれ愛された 浅野屋 / 神奈川 大船 1922年創業 (大正11年)

横浜市、藤沢市に隣接し鎌倉の中心部へと繋がる大船。1936年蒲田より松竹の撮影所が移転したことにより、急速に発展していきました。そんな大船にも老舗が残っています。

1922年創業、松竹撮影所で “ちびそば”と呼ばれ愛された蕎麦屋 浅野屋

大船駅から徒歩10分ほどの場所にある 浅野屋。1922年(大正11年)に蒲田で創業されたお店です。その頃の蒲田には、松竹の撮影所があったのですが、撮影所は1936年に大船へ移転します。その際に一緒に場所を移され、今も大船の地で営業されているのが、今回ご訪問した浅野屋さんです。

こちらの浅野屋さん、”ちびそば”の名称で知られています。浅野屋さんの近くには”でぶそば”という愛称の中華料理店も。この名称ですが、大船撮影所の方々が、浅野屋さんのご主人が背が高くなかったことから”ちびそば”と呼び、中華料理店は太目の店主だったことから”でぶそば”と呼ぶようになったそう。ちなみにでぶそばさんは、”でぶそば”が愛称から屋号と代わり今も営業されています(が、太られていたのは先代で、現在のご主人は太ってはいないとのこと)。

という浅野屋さんの外観がこちら。歴史ある素敵な雰囲気。 中に入ると目の前にメニューが。手書きでカッコよいですね。セットメニューもいくつかあります。 メニュー表だとこんな感じ。お蕎麦も丼ものも充実。温かいそばメニューはこんな感じです。こちらがお蕎麦。久々にこんな奇麗なお蕎麦を見た…。 せっかくなのでアップで。いやー、美味しそう!(美味しかったです)
海老天も頼みました。海老は開いてあり、かなり大き目。

そしてミニ玉子丼。こういうミニ丼があるお店、大好き!

松竹大船撮影所は既に無くなってしまっておりますが、思い出の品は所々に飾られていました。こちら、大道具さんが描かれた絵だそうですよ。

浅野屋さん、美味しいのは当然として、どれも見た目の美しさが際立っていて感動しました。蕎麦って、盛り付けによっては奇麗に撮るのが難しいのですけれど、これだけ元が良いと美味しそうに撮れますね。大船に行く機会があれば、また行ってみたいと思います。

——-浅野屋 基本情報———-
〇創業年 1922年創業 / 大正11年創業
〇営業時間
11:00~20:00(LO19:30)
※木曜日 定休日
〇住所
神奈川県鎌倉市大船2-25-7
(食べログ) ⇒ 浅野屋 (あさのや) – 大船/そば [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です