星加のゆべしの一口ゆべしは柚子が香って美味しい / 愛媛 西条市 1867年創業 (慶応3年)

愛媛県東部(東予地方)で瀬戸内海燧灘(ひうちなだ)に面し、西日本(近畿以西)最高峰の石槌(いしづち)山麓の西条(さいじょう)市は、1941年(昭和16年)に新居郡西条町等2町3村合併で発足の旧西条市が近隣村等編入を経て2004年(平成16年)に東予市・小松町・丹原町と合併して現市域となり、西条は鎌倉期から続く古地名で、市名は全国一般公募により選ばれました。名水“うちぬき(自噴地下水)”やカブトガニ生息で知られ、穀倉地帯で農業が盛んであり、米・裸麦・柑橘類・あたご柿・花卉(薔薇・七草等)・海苔・豆腐・湯葉・石鎚黒茶(後発酵茶)・健紅梅・清酒等の特産品や各種銘菓(星加のゆべし・蝶庵最中・よし乃餅・たぬきまんじゅう等)の名物があり、市内には老舗の和洋菓子店・酒蔵などが残っています。

1867年創業、西条藩主献上菓子まるゆべしを製造・販売する 星加のゆべし

石鎚山駅から徒歩2分、石鎚神社のバス停から徒歩1分の場所、石鎚神社参道横にある 星加のゆべし。もともと江戸末期に波満屋という蒲鉾商としてはじまり、1867年(慶応3年)に星加家に養子として迎えられた佐伯勇蔵氏が、星加勇蔵商店を創業したことで、その歴史が始まっています。勇蔵氏は佐伯家に伝わっていた製法で「まるゆべし」を作り西条藩主 松平左京太夫公に献上しところ好評で、これをきっかけにゆべしの製造販売店を本業とされたそうです。

という、星加のゆべしさんから一口ゆべしをお取り寄せしました。

箱にぎっしり詰まっております。

3つで1にセットになっています。

一つ取り出した図。星加のゆべしさんは、まるゆべし、という柚子の中に餅を入れて作ったお菓子で創業されておりますが、一口ゆべしはそれを小さくかつ、簡易的に作ったもの。米粉・餅粉・砂糖・白みそを混ぜ合わせものに、柚子の皮を練り込んで蒸してあります。

中身はこんな感じです。もっちり食感んいふわっと香る柚子が良い感じです。

こちらパンフレットです。朝日が綺麗!丸ゆべしもいつか食べてみたいです(今回は食べきれなさそうだったのでパスしました)。

まるゆべしは、いつか食べてみたいものリストに入っているのですが、柚子まるごと1つ分は一人では食べられなさそうなので、お取り寄せ機会を待ち続けています。一口ゆべしも十分に美味しかったけれど、やっぱり創業の味が食べてみたい…!

↓一口ゆべしは楽天でも購入できますよ。

 

——- 星加のゆべし 基本情報———-
〇創業年 1867年創業 / 慶応3年創業
〇営業時間
・8:30-18:00 (火曜日は15:00まで)
※定休日なし
〇住所
愛媛県西条市西田甲538-2
(公式サイト)⇒ 慶応三年創業 名物元祖 星加のゆべし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です