山本食品のワサビふりかけ アヒージョタイプは絶対購入すべき / 静岡 三島 1905年創業 (明治38年)

水の都として知られ、宿場町としても栄えた静岡県 三島エリア。多くの作家にも愛されたこの街には、沢山の老舗が残っています。

1905年創業、わさびを使った商品を販売する 山本食品

1905年(明治38年)に、初代の山本吉之助さんが、佃煮の引き売り業として創業されました。本社で小売りはされていないそうなので、本社に近い山本屋 門前せせらぎ店へお伺いしました。三島駅から徒歩15分強、三島田町駅から徒歩6分程度の場所にあります。

こちらが門前せせらぎ店の外観。店舗販売だけでなく、テラスでお茶することもできますよ。

山本食品さんといえばわさび、で、昔からの看板商品といえばこのわさび漬けですよね。

近年はわさび加工商品も沢山販売されています。売上No.1のワサビマヨネーズは、看板商品の一つですよね。都内の高級スーパーで見かけたこともあります。 今回は定番商品でなく、初めてみた3つの商品を買ってきました。で、結果的に大ヒットを引いたんです。それがこのわさびオイルふりかけ アヒージョタイプ。簡単に説明すると、昔はやった食べるラー油を、わさびメインで作りました、みたいなものです。 写真はご飯にかけた図、です。美味しそうな写真に見えなくて申し訳ないんでうすが、わさびの苦みが病みつきになります。本当に気に入ったので、最近は友達のプチギフトに使ったりしていますw。そして二つめが、わさびのり。海苔の佃煮にわさびが入っている、というもの。こっちは美味しいのが想像付く状態で買ってきたら、想像通り美味しかった系です。 美しい絵に出来ませんが、こちら。海苔の佃煮、私は大好物なんですけど、甘いから量食べられないじゃないですか。が、このわさび入りだと、辛みが後を引いて、普段より量が食べられます。これも結構いかん奴だ(食べ過ぎて太る的な意味でw)。

 

3つ目がわさび塩。こちらは利用シーンの写真撮り漏れですが、天ぷらとかに合うだろうな、な味。今回はんぺんにつけて食べたんですが、高級品にバージョンアップしましたw。買って、開けるまで、ちょっと疑う気持ちがあったんです。わざわざわさび入りの商品なんて買う価値はあるのか、と。が、買って食べて説得させられました。わさびはかなりポテンシャルのある食べ物なんだ、と。
特にわさいオイルふりかけ アヒージョタイプが美味しくって、文中にも書きましたが、何度かプチギフトでプレゼントするぐらい気に入っています(そして先方からの評判も極めてよい)。こういう老舗ながら、新しい商品を開発するスピリッツは大好きです。このわさびオイルふりかけは、かなり長いお付き合いになりそうな予感です。

↓最近は楽天で購入してます。

 

———山本食品 基本情報———-
〇創業年 明治38年 / 1905年創業

※以下は、門前せせらぎ店の情報です。
〇営業時間
売店: 平日 9:30~17:00/土日祝 9:30~17:30 (季節により営業時間変動有)
テラス: 平日 9:30~16:30/土日祝 9:30~17:00 (季節により営業時間変動有)
※年中無休
〇住所
静岡県三島市大社町1-28
(公式サイト)⇒静岡県三島市こだわりのわさび漬 株式会社山本食品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です