桃翠園の出雲抹茶ショコラテリーヌは抹茶スイーツ最高峰! / 島根 出雲市 1907年創業 (明治40年)

島根県中東部の出雲(いずも)市は、1941年(昭和16年)発足の旧出雲市が2005年(平成17年)に平田市及び4町と合併(のちに1町編入)して現市となり、出雲大社・須佐神社等の古代史・文化遺産が豊富な“神話の国”として知られています。出雲の地名は“八雲立つ”(雲が美しく湧き出る)の意味とされていますが、由来には夕つ方(夕日沈む西方)説・五面(いつも、出雲国と国引き造成の四ヶ国とで五面)説等の諸説もあります。出雲蕎麦(わんこ・戸隠と共に三大蕎麦)・あご野焼・島根ワイン・発祥の出雲ぜんざい・銘菓(俵まんぢゅ・宿禰餅など)等の名物がある市内には老舗の飲食店・和菓子店・食品店が残っています。

1907年創業、出雲で抹茶作りブランド化した 桃翠園(とうすいえん)

直江駅から徒歩11分、出雲駅から車で20分程度の場所にある 桃翠園本社及び、併設カフェ・Cafe國次郎。1907年(明治40年)に、岡國次郎氏が岡 桃翠園を開業したことでその歴史が始まります。桃翠園のある出雲市、及びそのお隣の松江市は不昧公(ふまいこう)こと、松平治郷氏によってお茶と和菓子の文化が花ひらいた場所。そんなお茶文化と関わりの深い出雲市ですが、抹茶の生産は行っていなかったため、2006年より桃翠園さん主導で抹茶作りを始め、現在では出雲抹茶として高品質な抹茶として知られるまでになっています。

そんな桃翠園さんでは出雲抹茶を使ったスイーツも多数開発されています。今回は各賞を受賞した有名なお菓子・出雲抹茶ショコラテリーヌを購入しました。1キロ10万円の高級抹茶=出雲抹茶をたっぷり使用している高級感溢れるお菓子です。箱も高級感ある!

箱裏面はもこんな感じで豪華で、気の利いた感じがとっても良い。

蓋を取る金色の箱の中に紙に包まれたショコラテリーヌが!

紙を外すと出てきます。超濃い抹茶の色をしています。

一旦お皿に出して見た図。光のあたり具合で色味が結構違って見えますね。 汚い断面で申し訳ないですが、切り分けた図。濃厚な抹茶の味と、濃厚なチョコの甘さが絶妙にマッチして本当に美味しい…。過去食べたどんな抹茶スイーツより美味しい…。

抹茶系スイーツはいくつも食べていますが、自分の中で概念が変わるほど出雲抹茶ショコラテリーヌは美味しかったです。最近は友達への贈り物は、先方が抹茶が苦手でない限りこればかり送っています。それぐらいの気に入り具合。中々のお値段なので頻繁には買えませんが、定期的に購入して楽しみたいと思います。何か良いことがあった時のおやつにおすすめです!

↓楽天で購入できますよ。

 

——–桃翠園(とうすいえん) 基本情報———-
〇創業年 1907年創業 / 明治40年創業

以下は、直営カフェ・Cafe國次郎の情報です。
〇営業時間
・10:00~18:00(ラストオーダー17:30)
※木曜日 定休日。夏季・及び年末年始定休あり。
〇住所
島根県出雲市斐川町上直江1482
(公式ページ)⇒【公式】出雲抹茶専門店桃翠園|抹茶スイーツおとりよせ通販専門店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です