天狗中田本店の能登牛・能登豚・加賀白山ハム・ポークハム / 石川 金沢 1908年創業 (明治41年)

石川県庁所在地の金沢市は、江戸時代は加賀・能登・越中の三国を治めた加賀藩(102万5千石)前田家の城下町として繁栄。金沢の地名は、芋掘り藤五郎が山芋洗いの際に砂金が出た“金洗いの沢”(“金城霊澤”、兼六園内の金沢神社隣の泉)に由来するとされています。加賀野菜・鰤・ズワイガニ(雌は香箱ガニ)・清酒等の県特産食品を始め、治部煮・かぶら寿司・ごり料理・笹寿司・金沢おでん等の加賀料理・郷土食や各種和菓子等の食・菓子文化も豊かで、市内には老舗の飲食店・和菓子店・食品店が数多く残っています。

1908年創業、食肉卸をはじめて100年超えの 天狗中田本店

片町のバス停から徒歩5分ほど、金沢駅から車で15分前後の場所にある 天狗中田本店。1908年(明治41年)に、中田岩次氏が金沢市新竪町で食肉販売店を創業したことで、その歴史が始まっています。天狗という商標は創業当時から使われているもので、まだ食肉が普及していなかった時代であったため、創業者の中田氏は天狗の面をつけ手に大きな団扇持ってロバにのり、宣伝活動を行なっていたそうです。凄いバイタリティだ。

という、天狗中田本店さん、天狗ハムさんから各種お取り寄せをしました。

北陸名物・天狗乃肉、とあります。知らない人が見たら誤解しそうw。

まずは能登牛と能登豚のしゃぶしゃぶのセット。

家しゃぶしゃぶはあんまりしたことがないのですが、きちんと薄くスライスされた肉がお取り寄せできるなら、家しゃぶしゃぶ回数増やしたいな、なんて感想が出てくるほど美味しかったです。

加賀白山ホワイトロースハム、という天狗ハムさんの看板商品も購入。箱からして豪華!

パッケージ裏側はこんな感じ。
適度な厚みで切って焼いた図。これめっちゃ美味しい。薄くきってサンドイッチも良かったし、かなり使い勝手の良いハムでした。 こちらはポークハム。乾塩法で作られた昔ながらのまじめなハムとのこと。 こちらは焼いてがベスト。マヨネーズとの相性が死ぬほど良かった。 そして北陸だよりビーフジャーキー。 噛めば噛むほど甘みが出てきて美味い。 天狗ハム白山麓のハーブウインナー。 とても良い香りがしてうまい。マスタードを用意しなかったことが悔やまれる。
サラミソーセージ。 パッケージにあった通り、ビールにとても合うだろうな、という味。

ラストはパッケージ撮り漏れですがベーコン。抜群に美味しかった…!

天狗中田本店さんの肉、ハムは食べたことがなかったのですが、金沢旅行に行った際にスーパーでよく見かけていたので、食べたいなぁと思っていました。今回は2回に分けて色々とオーダーしたのですが、全部が全部美味しくって幸せな時間になりました。ハムは人を幸せにしますよね。

↓白山ハムはびっくりするぐらい美味しいのでハム好きな人は是非。楽天で買えます!

 

——-天狗中田本店 基本情報———-
〇創業年  1908年創業 / 明治41年創業
〇営業時間
・8:30-18:30
※日曜 定休日
〇住所
石川県金沢市新竪町3-88
(公式サイト)⇒ 株式会社天狗中田本店-創業明治41年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です