酒悦の元祖 福神漬は何にでも合う最高のやつ / 東京 上野 1675年創業 (延宝3年)

国立西洋美術館を始めとし、数多くの美術館・博物館を抱える文化と歴史の街 上野。この街にも沢山の老舗が残っています。

1675年創業、酒が悦ぶほどうまいものを作り続ける 酒悦

上野広小路から徒歩1分、御徒町駅から徒歩3分ほどの場所にある酒悦。1675年(延宝3年)に、野田清右衛門氏によって「山田屋」という屋号で本郷本町に創業されました。その頃は伊勢から仕入れた海産物を扱うお店だったそう。その後現在の本店がある上野池之端に移転し、酒の肴となる珍味類も扱うようになりました。現在の屋号「酒悦」は、「酒が悦ぶほどうまいもの」の意味。東叡山輪王寺の御門跡白川宮がそう称したことから、この屋号となったそうです。

という酒悦さんの外観はこちら。三百年の味の店、の看板がカッコいいですね。

店頭には元祖として名高い福神漬が並んでいました。今日のご目当てはこれです。

店内には多数の商品が並んでいます。こちらは甘納豆とお漬物。 こちらは瓶詰のコーナー。海苔の佃煮、福神漬、らっきょう等が並んでいます。

こちらも漬物。味見もできるので、好みのものを探せますね。ということで買ってきました、元祖福神漬です(元祖は他説もあり)。 取り出した図がこんな感じ。よくある赤い感じでなく、漬物本来のナチュラルカラーな福神漬です。
福神漬は元祖が2説あるのですが、酒悦さんでは明治初頭に第15代野田清右衛門が開発した、としています。7種類の野菜を使って作られたこと、そして上野不忍池の弁才天近くにあったことに加えて、名付けの親とされる作家の梅亭金鵞氏が、

「ご飯のお供にこれさえあれば他におかずは要らず、食費が抑えられ金が貯まる(=家に七福神がやってきたかのような幸福感)」

と解釈したことから、この名前になったのだとか。ちなみに今や様々なお店で福神漬けが作られていますが、この名称が広がるようにと商標登録をされなかったため、各地で作られるようになったのだとか。素晴らしいお話ですね。

ちなみに、今や福神漬といえばカレー、という印象が強いですが、福神漬が出た当時は、梅亭金鵞氏のコメントのように、どんなものにでも合うご飯のお供であり、決してカレー専用のお漬物ではなかったそう。カレーに用いられたのは大正時代で、インドのカレーの添え物チャツネに似せて赤色になった、というお話もあります。今回元祖を食べて思いましたが、福神漬はカレーのためにだけある、と思うのはもったいないですね。もっと広く食べられるべきものだな、と改めて思います。元祖の味、ぜひ食べてみてください!!!

——-酒悦 基本情報———-
〇創業年 1675年創業 / 延宝3年創業
〇営業時間
・10:00~19:00
※年中無休
〇住所
東京都台東区上野2-7-11
(公式サイト) ⇒ 酒悦 創業1675年(延宝3年)上野池之端

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です