新杵屋の”牛肉どまん中弁当”を食べ比べて悶絶する / 山形 米沢 1921年創業 (大正10年)

戦国時代、伊達氏の領地として栄え、伊達政宗の生誕の地でもある米沢市。江戸時代には上杉氏の配下におかれ、上越・福島とも繋がりの深いこの街にも、沢山の老舗が残っています。

1921年創業、お菓子屋から始まり駅弁屋へ転向した 新杵屋

米沢駅出てすぐの場所にある 新杵屋の本社兼工場直売店。1921年(大正10年)お菓子屋として創業し、昭和に入ってから米沢駅構内でのお菓子の販売、そして駅弁屋へと転向されました。都内の駅弁フェアでも良く見かける”牛肉どまん中”を製造・販売されている会社です。

こちらが工場直売店の外観。1Fで弁当販売、2Fでは食事処とカフェを営業されています。 今回はお弁当購入だったので1Fへ。新杵屋さんといえば”牛肉どまん中”ですよね。で、知らなかったのですがいつのまにか、しょうゆ以外にも、しお、カレー、みそ味が出てました。しかも4つ入りセットも!
(ちなみに売っていた味噌汁は、同じ米沢のカクリキみそさんのでした) 購入したのはもちろん、4種類の食べ比べ”牛肉どまん中”です。 上の段左から、みそ、カレー、下の段へ行き、しお、しょうゆ味となります。

食べなれた”しょうゆ”が美味しいのは分かっていたのですが、他の三種類もそれぞれ美味しい!カレーや味噌は、牛肉の味が飛んじゃうんじゃないか、なんて不安を感じたのですが、それぞれタレの味と牛肉の味の調和具合が素晴らしく、4種類全部が本当に美味しかったです。全部美味しいと、「これからどれを買うべきか」と悩んでしまいそうですが、考えながらも「今後も4種類入りを買い続ければ良いのか」と納得した次第です。米沢牛万歳!

———新杵屋 基本情報———-
〇創業年 1921年創業 / 大正10年創業
〇営業時間
8:00~19:00
※年中無休
〇住所
山形県米沢市東3-1-1
(公式サイト)⇒新杵屋【米沢の美味しい駅弁と山形の名産品】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です