鰻割烹 大和田の”よくばり紅白重”は、気分の上がる最高の鰻重! / 東京 新橋 1893年創業 (明治26年)

東京駅から2駅の場所にあり、サラリーマンの聖地と称されることの多い新橋。リーズナブルなお店に囲まれながら、老舗が何店か残っています。

1893年、紀尾井町大和田からの暖簾分け店としてスタートした 鰻割烹 大和田

新橋駅から5分かからな場所にある 鰻割烹大和田。大和田という名の鰻屋は、江戸末期に少なくとも10件以上あったことが鰻屋番付で確認はできるものの、名前の由来も創業年も分からないそう(名前の由来は、千葉の大和田出身者が創業したから、というお話はあるそうです。)
そんな沢山の鰻屋 大和田の、紀尾井町大和田より1893年(明治26年)に暖簾分けを許され有楽町にお店を構えたのが現在新橋・銀座コリドーのお店を構える 鰻割烹 大和田となります。一時期本店は新宿1丁目にあったそうですが、昭和6年に新橋店を開店し、戦後本店を新橋に移されたそうです(以上は、大和田の歴史ページからの抜粋)。

ということで新橋本店です。ビルの1Fに突然と老舗が現われる感じでちょっとビックリします。

外にメニューが飾られていました。鰻重は梅の2800円~特上の6800円まであります。どれにしようかな…。

と、悩みつつお店に入りメニューを見てみると、「よくばり紅白重」なる食べ物が!白焼重と鰻重の2段重ねで4000円!これは頼むしかない!

で、やってきました紅白重。二段重ねのお重になっています。上の段には白焼きの重、下の段に鰻重となっています。

どーん、見てください。鰻重が二つも!白焼きと蒲焼が食べ比べできるとか、ここは天国か。白焼きはこんな感じ。ご飯には薄っすらタレが掛かっています。タレの味にならされてしまっている僕には、当初「ちょっと味付け薄いかも」とか感じたのですが、食べすすめるうちに鰻の旨みが分かってきて新し体験。ワサビと食べる白焼きってなんでこんなに美味いのか…。

そして鰻重。やや辛めのタレで食べる、疲れた体にピッタリのやつ。

そして肝吸い。口がさっぱりして最高!老舗訪問を始めてから、「お薦めの鰻屋さんはどこですか?」と聞かれることが増えました。鰻はどこも美味しいので答えに詰まりがちですが、ここ最近はこちらの大和田さんを上げるケースが多いです。新橋駅からのアクセスの良さに加えて、紅白重のインパクトが凄くって(かつ4000円なら鰻の老舗としては許容範囲の値段)、きっとみんなに喜んでもらえるだろう、と感じているからです。鰻好きの方、ぜひ紅白重食べに行ってみてください!

——- 鰻割烹 大和田 基本情報———-
〇創業年  1893年創業 / 明治26年創業
〇営業時間
平日  11:00~22:00 (15:00~17:00は休憩)
土曜日 11:00~20:30(15:00~17:00は休憩)
※日曜日 定休日
〇住所
東京都港区新橋2-8-4
(公式サイト)⇒ 鰻割烹 大和田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です