中村屋羊羹店の海苔羊羹 / 神奈川 江ノ島 1902年創業 (明治35年)

絶景スポットを楽しめる老舗 魚見亭さんに続いての江の島編です。江の島島内には和菓子屋さんでも100年越えの老舗があるんです。

1902年創業、江ノ島名物 海苔羊羹の中村屋羊羹店

江ノ島島内に入り、江島神社へ向かう途中に休憩所を兼ねたお茶屋さんがあります。それが1902年創業の中村屋羊羹店さんです。

こんな感じで店内に席があり休んでいくこともできます。

道を挟んだ向かいも中村屋羊羹店さんです。

元々中村屋羊羹店さんは、「傳左(でんざ)」という名前で駄菓子等の販売をされていたそうです。中村屋羊羹店へと転身するきっかけは明治35年、3代目のご主人中村助次郎さんが、海苔の入った羊羹を作ることを思いつき、結果中村屋羊羹店さんが生まれたそうです。

店舗のノボリにも明治35年創業とうたわれています。第22回全菓博で名誉総裁賞も受賞された銘菓です。

そんな海苔羊羹ですが、元々は東京の菓子店に作ってもらい、それを店舗で切り分けて販売されていたそうです。
大正7年には、島内での製造に奏功し、現在は島内で江ノ島で取ったのりを使って作られているそうです。江ノ島名物を名乗るだけあり、材料も江ノ島産なのですね。

切り分けて頂いた海苔羊羹。海苔が薄っすらと滲んでいますね。塩味があるのかな、と想像していたのですが、磯の風味がほのかに香る感じの、甘味と程よくマッチした使われ方でした。

中村屋羊羹店さんに伺うには、歩いていくと30分強かかります。少し遠い場所ですが、せっかく江ノ島を訪れたのであれば、散歩ついでに立ち寄られてはいかがでしょうか。海苔羊羹は、他ではあまり食べられない江ノ島らしい味でお薦めですよ。

———中村屋羊羹店 基本情報———-
〇創業年 明治35年創業 / 1902年創業
〇営業時間
9:00〜18:00(天候により変動あり)
※不定休
〇住所
神奈川県藤沢市江の島2-5-25
(公式サイト)⇒中村屋羊羹店 | 江ノ島名物 元祖海苔羊羹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です