日本のハム普及の立役者ローマイヤでハンバーグを食べる / 東京 銀座 1921年創業 (大正10年)

日本を代表するショッピング街である銀座。銀座には数多くの老舗が、街のいたるところに点在しています。今回は日本にハムを普及させた立役者の方が設立したお店に伺いました。

1921年創業、日本でロースハムを作り普及させた ローマイヤ

銀座駅・東銀座駅、どちらからでも徒歩2分程度の場所にある ローマイヤレストラン銀座。1921年(大正10年)に創業されたローマイヤのレストラン部門です。ローマイヤは創業者であるドイツ人 ローマイヤ氏のお名前です。ドイツで生まれたローマイヤ氏は、第一次世界大戦にて青島で捕虜となり日本へやってきました。保釈後、ドイツ食品を日本に広めようと、一時は帝国ホテルで働くも、直ぐに出資者を得て、東京・大崎に工場の建設。それが前述の創業年1921年となります。

ローマイヤといえばお総菜部門とレストラン部門があり、レストラン部門は永らく閉じておりましたが、19年3月に復活。ということで行ってきました。かなりオシャレなビルに入居されています。

ビル入り口にはメニューが。どれも肉々しくって美味しそう過ぎる!

中に入りました。こちらがランチメニュー。日本でロースハムを作った会社であることを考えればハム系を、と思ったものの、一番上に出ているのはハンバーグだしなぁ、と一人悩む…。今回は一旦ハンバーグをチョイスしました。

ハンバーグを待つ間、スープが出てきます。コンソメ系の美味しいスープ。

出てきました、ハンバーグ!サラダ+ハンバーグ+スープ+(ライス or バゲット)で1000円と、銀座の老舗店のお肉とは思えないお得プライス!

せっかくなのでハンバーグをアップで。日本のハンバーグよりも肉々しい感じがするのは気のせいか。とにかくジューシーで超美味い!!!ローマイヤさん、谷崎潤一郎の作品に出てきます。

妙子は銀座まで出かけるなら、話に聞いてゐるニュウグランドかローマイヤアへ行きたいと云ふので、ローマイヤアと云ふことにした

永らくレストランは閉じてしまっており、チャンスがなかったのですが、2019年3月に復活!ということで、ウキウキしながら出かけたんです。レストランの料理は、事前期待を裏切らないクオリティで、ジューシーなお肉をたっぷり楽しむことが出来ました。ここは通いたくなる魔力があるなぁ。

——- ローマイヤ 基本情報———-
〇創業年  1921年創業 / 大正10年創業

以下は、ローマイヤレストラン銀座店の情報です
〇営業時間
ランチ  11:30〜15:00(L.O. 14:00)
ディナー 17:30〜23:00(L.O. 21:00)
※日曜/祝日 定休日
〇住所
東京都中央区銀座5-9-17 銀座あづまビル 2F
(公式サイト)⇒ ローマイヤハムのホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です