橘香堂の和風クレープ的お菓子、むらすゞめを食べる / 岡山 倉敷市 1877年創業 (明治10年)

岡山県西部の倉敷市は、1928年(昭和3年)発足の旧・倉敷市と玉島市・児島市とが1967年(昭和42年)に合併して現在の市となりました。旧倉敷村(現・倉敷美観地区周辺一帯)以来の地名由来には倉敷地(中世の年貢米・貢納物集積地)説・“蔵屋敷”地転訛説等があります。白壁の街並みが残る倉敷川沿いの倉敷美観地区(大原美術館・倉敷アイビースクエア等)・鷲羽山(わしゅうざん)・香川県坂出市とを結ぶ瀬戸大橋等の観光名所も多数です。蓮根・牛蒡・マスカットオブアレキサンドリア等の特産物があり、ぶっかけうどん・しのうどん・倉敷バーガー等の地場食品や藤戸饅頭・むらすずめ等の銘菓なども豊富で、市内には老舗の飲食店・和洋菓子店・食品店などが点在しています

1877年創業、倉敷銘菓として知られる むらすゞめを製造・販売する 橘香堂(きっこうどう)

元町のバス停から徒歩1分、倉敷駅から徒歩8分ほどの場所にある 橘香堂本店。1877年(明治10年)に吉本代吉氏によって創業された和菓子店です。橘香堂、そして代表銘菓むらすゞめ(むらすずめ)のどちらもが、郷土の先覚者である倉敷町長であった林孚一翁(はやしふいちおう)氏によって名付けられました。橘香堂の名は、菓子のルーツである果物、栽培された日本最古の果物とされる柑橘種の橘(たちばな)の香りをとり命名されたそう。むらすずめは倉敷の複数の和菓子店で販売されておりますが、橘香堂さんが元祖とされています。

と、前段が長くなりましたので、橘香堂の写真を。フォント含め、クラシカルな装いですね。 中身はこんな感じです。小麦と卵で作ったクレープ状の生地で餡子を包んだお菓子です。開発された当時は、小麦や卵で作ったお菓子は少なかったそうなので、相当先進的だったそうですよ。洋菓子のような和菓子のような不思議な味わいで美味しいです。 こちら入っていたパンフレットです。むらすゞめは、農作業時に被っていた編み笠と稲穂の黄金色からヒントを得て生まれたお菓子。そのお菓子を林孚一翁氏がその菓子の形と色から群がる雀のイメージから「むらすゞめ」と名付けられたそう。素敵なストーリーですね。

むらすゞめは本店で手焼き体験ができるので、手焼き体験してから記事を書くぞ!と思っていたら、なかなか外出できない日々が続いてしまい中々ご紹介ができずにおりました。そんなタイミングで新橋にあるアンテナショップとっとり・おかやま新橋館で発見し購入したのでした。公式サイトからお取り寄せも可能ですよ。

—— 橘香堂(きっこうどう) 基本情報———-
〇創業年 1877年創業 / 明治10年創業
〇営業時間
・9:30~18:00
※年中無休、元日のみ休業
〇住所
岡山県倉敷市阿知2-19-28
(公式サイト)⇒ 橘香堂(きっこうどう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です