喜福堂(KIFUKUDO)のカレーパン協会絶賛のカレーパン / 東京 巣鴨 1916年創業 (大正5年)

おばあちゃんの原宿、として知られる巣鴨。とげぬき地蔵のある高岩寺に続く地蔵通り商店街は、元々旧中山道の一部でした。巣鴨には、この商店街を中心に何軒かの老舗が点在しています。

1916年創業、あんぱん、クリームパン、カレーパン、何でも美味しい 喜福堂(KIFUKUDO)

巣鴨駅から徒歩5分ほどの場所にある喜福堂(KIFUKUDO)。1916年(大正5年)に、初代となる金子 喜三郎氏が東京 深川に創業された「喜楽堂」が、現在の喜福堂となります。1923年(大正12年)の関東大震災の後に巣鴨に移転、1961年(昭和36年)に、屋号を現在の「喜福堂」と変更されました。喜福堂という名前は、初代の喜三郎さんと、その奥様であるフクさんの名前に由来するそうです。

こちらが店舗外観。人がひっきりなしに訪れる人気店でした。

喜福堂さんといえば「あんぱん」が有名です。が、それ以外にも有名な商品が沢山あるので悩んでしまいます。今回はあえてあんぱんはパスしました。 購入しようか悩んだのはこちらの「エビフライドック」。パンに丸っとエビフライが入っています。これ、美味しいに決まってるよなー。
今回はクリームパンと、ぷりぷりエビの五穀カレーパンを購入しました。両方見た目が可愛い! まずはクリームパン。甘さが程よくって、とっても美味しい。食べてると、自分が上流階級になったんじゃないか、と勘違い出来る、上品さを感じます。マツコ・デラックスさんが、テレビで絶賛した味なのだとか。 こちらがぷりぷりエビの五穀カレーパン。このカレーパンは、日本カレーパン協会の会長が絶賛したパンなんだとか。ちょっと大人なカレー味と五穀パンがマッチ具合が素晴らしくって最高の味。このカレーパン、僕の過去一かもしれない。

今回食べられる量、という物理的制約から、一番人気のあんぱんをパスし、2番人気のクリームパンと、最近メキメキと頭角を現しているカレーパンの2つを食べたのですが、どちらも最高で喜福堂ファンクラブに入会する勢いで好きになりました。今度は絶対あんぱん食べに行きます。今回の2つのパンの美味しさから、間違いないのが分かりますから。

——- 喜福堂(KIFUKUDO) 基本情報———-
〇創業年 1916年創業 / 大正5年創業
〇営業時間
10:00~19:00
※火曜日 定休日、ただし4が付く日と祝日は営業
〇住所
東京都豊島区巣鴨3-17-16
(公式サイト)⇒ 喜福堂(KIFUKUDO)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です