川梅商店のあんみつ / 東京 築地 1899年創業 (明治32年)

日本最大の市場として知られていた築地。築地エリアには、市場近辺に開業し、今も築地で営業されている老舗が沢山あります。

1899年創業、寒天に拘りを持つ甘味喫茶食材店 川梅商店

築地駅から5分程度の場所にある川梅商店のアンテナショップ。1899年(明治32年)に創業したこちらのお店は、甘味喫茶やホテル、和食店に甘味を卸す食材屋さんです。小売り向けに展開されているアンテナショップへお買い物に行ってきました。

こちらが店舗外観。川梅商店さんといえば、ちょっとレトロなキャラクターが目印です。

この子です。パッケージにも出てくる子です。こちらがディスプレイ。あんみつや豆てんといった直ぐ食べられるものから、寒天や赤えんどう豆等の素材まで販売されています。

こちらが豆てん。シンプルパッケージ。赤えんどう豆、ぎゅうひ、生かんてんのみ。あっさり行きたい時のおススメ。

そして名物の小倉あんみつ。こちらはあの女の子付きパッケージ。豆てんとの違いは、杏と餡子が入っている点。
まずは豆てんから。餡子がない分あっさりしてます。寒天の美味しさを味わうならこっちかな。

そして小倉あんみつ。ガッツリ甘いもの、を食べるなら断然こっちですね。甘い分美味いという感じ。一流店に卸されている川梅商店さんのあんみつ、豆てんは、特に寒天のプリプリさと上品さが特筆に値する美味しさで、ついつい食べたくなっちゃいます。こういうお店が日本の甘味を支えているんだなぁ、と感慨深くなりながら、美味しく頂きました。

———川梅商店 基本情報———-
〇創業年 明治32年 / 1899年創業
〇営業時間
10:00~17:00
※土・日・祝 定休日
〇住所
東京都中央区築地3-3-9
(公式サイト)⇒生寒天の川梅商店|甘味喫茶食材とあんみつ材料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です