足立区最古の蕎麦屋 柏屋で地獄そば / 東京 北千住 1904年創業 (明治37年)

江戸時代、旧日光街道の「千住宿」として栄えた北千住エリア。千住宿は、江戸四宿(品川宿、板橋宿、内藤新宿 ※現在の新宿)の中でも最も栄えたと言われるこのエリアにも、老舗が何軒か残っています。

1904年創業、足立区に現存する最古の蕎麦屋 柏屋

北千住駅から徒歩5分弱の場所にある柏屋。1904年(明治37年)に創業した、足立区に現存する最古の蕎麦屋さんとなります。以前は創業明治28年のそば久さんが足立区で最も古いお蕎麦屋さんでしたが、そば久さん閉店により現在は柏屋さんが、足立区で最も古いお蕎麦屋さんとなるようです。

こちらが店舗外観。リーズナブルな地元密着型のお店で、ひっきりなしにお客さんがやってきていました。

店舗外に飾られていたメニュー表。蕎麦、うどん、丼ものまで数多くのメニューがあります。

もう少し見やすいそば、うどんのメニューがこちら。どれにしようか悩みますね…。

今回は地獄そば950円をオーダー。名前の由来は分からない、と言われてしまったのですが、勝専寺 閻魔開き(閻魔詣)で有名な北千住ですので、そこからの名前なんだと思います。

質問し、由来はお答えいただけなかったものの「海老天、山菜、たまごが入った豪華なお蕎麦ですよ」とのことでした。確かに豪華!

柏屋さんはそのメニューの幅広さもあって、お子様連れのご家族、お酒を飲みに来ている方々、私のように一人晩御飯を食べる方、などなどいろんなお客さんがいらっしゃいました。地元密着の、地元ニーズに答えている良店ですね。大衆系の蕎麦屋として、家の近くに一件欲しいタイプの、日常使いのお蕎麦屋さんでした。

——-柏屋 基本情報———-
〇創業年 1904年創業 / 明治37年創業
〇営業時間
11:00~21:00(L.O.20:30)
※定休日なし
〇住所
東京都足立区千住2-32
(食べログ)⇒ きそば 柏屋 (かしわや) – 北千住/そば [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です