金福菓子舗の代表銘菓 栗娘(くりっこ)は、栗祭り感あって美味い / 岡山 岡山市 1916年創業 (大正5年)

岡山県最大の都市である県庁所在地 岡山市。古くから岡山藩池田氏の城下町として栄え、中国・四国・関西の交通の要所である岡山市には何軒もの老舗が軒を連ねています。

1916年創業、岡山城そばで創業し100年以上お菓子を作り続ける 金福菓子舗

岡山駅から徒歩10分強の場所にある 金福菓子舗。1916年(大正5年)に、初代となる昌平氏が、岡山城近くの弓之町にて、「御菓子司 昌加堂」を創業したことでその歴史が始まりました。その後現在のお店がある奉還町に移り店名を「御菓子司 金福菓子舗」とされたそうです。

という金福菓子舗さんの外観はこちら。外から沢山の和菓子が並んでいるのが見える、御菓子好きが引き寄せられるような空間…! 店内に入りました。ディスプレイには沢山のお菓子が並んでいます。これは悩みますね…。 定番のどら焼きにしようかなぁ、と悩みつつお店の方にお話をしたところ「よく出るのは栗娘(くりっこ)と教えて頂き、今回はそちらを購入。 で、その栗娘(くりっこ)がこちらです。名前の通り栗のお菓子! 中身はこんな感じ。ほんのり栗味の付いた大粒の栗が入っています。豪華!これは日本茶もいいけど、コーヒーにも合いそう!

今回閉店直前にパッと買う形になってしまったので、じっくり吟味できませんでしたが、季節の生菓子も美味しそうだったし、ピーチョコもなか、レンガカステラといった、中身の気になるお菓子も沢山ありました。今度行く時は色々買って食べ比べたい。岡山に行く機会が作れますように!

———金福菓子舗 基本情報———-
〇創業年 1916年創業 / 大正5年創業
〇営業時間
8:30~18:30
※日曜日 定休日
〇住所
岡山県岡山市北区奉還町4丁目12-19
(岡山県スイーツマップ内 公式ページ)⇒ 御菓子司 金福菓子舗(岡山市) | Sweets Plaza 岡山県版 岡山県スイーツマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です