足利市最古の食堂?ホクシンケン食堂でハンバーグ / 栃木 足利 1919年創業 (大正8年)

足利氏ゆかりの地であり、室町時代には関東の文化の中心地であった栃木県足利市。両毛地区の中核都市でもある足利市にも、沢山の老舗が営業されていました。

1919年創業、足利市最も古い食堂である ホクシンケン食堂

足利駅から徒歩10分ほどの場所にある ホクシンケン食堂。1919年(大正8年)創業のこちらのお店は、足利市で最も古い食堂だそうで、2019年で100周年を迎えられるお店です。看板はホクシンケンとカタカタ表記ですが、漢字表記では北清軒と書かれるそうです。

こちらが店舗外観。昔ながらの食堂感が凄い。

こちら店内の様子。テレビ取材もよく受けられているようで、有名人の色紙が飾られていました。 メニューはこんな感じ。電話番号が載っているのは、出前も受けられているから。おかず系メニューはプラス100円で定食になりますよ。 今回はハンバーグ600円に、100円プラスして定食にしました。これで700円って豪華! ハンバーグのアップはこちら。荒く切った玉ねぎの食感が、おかんが作ってくれたハンバーグみたいな懐かしい味。ソースも、ウスターソースとケチャップを混ざた感じの昔ながらタイプ。好き嫌いあるかもですが、僕は大好きです。ホクシンケン食堂さんは、メディアの影響もあるのか、私のような観光客っぽいお客さんと、「いつもので」が通じる地元のお客さん、出前のお客さんと、地元密着ながらも、わざわざ時間をかけてやってくるお客さんもいる、というバランスの良い老舗。味は極めて家庭的なんですけれど、その家庭的も家庭で中々な楽しめない時代なので、家の近くにあったらなぁ、なんて妄想しながら食べました。近いならきっと通ってますw。

——-ホクシンケン食堂 基本情報———-
〇創業年 1919年創業 / 大正8年創業
〇営業時間
11:30~20:00
※水曜日 定休日
〇住所
栃木県足利市通4-3505
(食べログ)⇒ ホクシンケン食堂 – 足利市/定食・食堂 [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です