大阪で食べる、東京風のウナギ@菱東 / 大阪 福島区 1921年創業 (大正10年)

大阪市の中心部にある福島区。江戸時代は農地として栄え、明治以降は商業の中心地の一つとして発展し、パナソニック創業の地としても知られています。そんな福島区にある老舗鰻店にお伺いしました。

1921年創業、大阪で東京風のウナギを出し続ける 菱東

福島駅から徒歩2分ほどの場所にある 菱東。1921年(大正10年)に創業された同店は、同じ大阪市内の宗右衛門町にある菱富さんの流れを組む鰻店。菱富さん同様に、背開きで蒸してから焼く、という東京スタイルで鰻を提供されています。関西風の腹開きで蒸さず焼く、と比べると柔らかくなるのが特徴です(関西風は逆にカリッとした触感になります)。

という菱東さんの外観はこちら。見づらいかもですが、下部にある看板の上部には「東京風うなぎ」の文字が見えます。 こちらが少し引いた全体像。左が食堂っぽいテーブル席への入り口、右側がお座敷用の入り口となります。今回は左側から入りました。 席に着きました。メニューはこんな感じ。鰻重の松・竹・梅か、造りと肝吸いを付けた鰻重定食にするか、はたまたコース、会席か、と中々は倍広いチョイス。今回は定食の松をチョイス。 こちらがメニュー裏面。うざく、う巻きといった定番メニューもあります。美味そうだなぁ。
うな重定食には、前菜的にインゲンの胡麻和えも付いてきました。家庭的な感じで美味しい。
造りはこんな感じ。鰻への期待値が徐々に上がってきます。やってきました、鰻重!タレは醤油が効いた、やや辛めな感じ。ご飯が良く進む。美味しい!肝吸いはエノキがたっぷり。結構珍しいかも。
大阪出張に合わせてウナギを食べに行き、あまり調べずに伺ったら東京風だった、というオチが実はあるのですけれど、美味しければ万事OKですw。関東風か、関西風か、よりも、結局のところ「美味しいのか?」だと思うのですよね。で、菱東さんは間違いなく美味しいので、おススメです!

———菱東 基本情報———-
〇創業年 1921年創業 / 大正10年創業
〇営業時間
・11:00~13:30
・17:00~20:00
※日曜・祝日 定休日
〇住所
大阪府大阪市福島区福島5-7-9
(食べログ)⇒菱東 – 福島/うなぎ [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です