マツコ絶賛のビスくん、ミレーの生地を作る 三ツ矢製菓 / 愛知 名古屋市中川区 1918年創業 (大正7年)

愛知県名古屋市西部の中川区は、ほとんどの地域が海抜ゼロメートル地帯あるいは海水面より低い地域で、区西側の市内有数の田園地帯は近年には宅地化が進んでいます。市内港区の名古屋港と区内の旧国鉄笹島貨物駅(1986年廃止)とを結び、1930年(昭和5年)に竣工して地域の水上輸送路として活用された中川運河が区名の由来です。区内には老舗の飲食店・和菓子店・食品店などが残っています。

1918年創業、ミレービスケットの生地を生地を作り続ける 三ツ矢製菓

篠原橋のバス停から徒歩4分、名古屋駅から車で15分ほどの場所にある 三ツ矢製菓。1918年に荒木新太郎氏が三重県三重郡朝日町に創業した菓子製造会社です。現在本社を置いている名古屋市中川区には1931年(昭和6年)に移られてきています。

三ツ矢製菓さんといえば、高知で有名な1923年創業 野村煎豆さんのミレービスケットの生地を作る会社としても知られています。ミレービスケットは元々明治製菓(現、明治)が製造・販売をしていたビスケットで、売れ行きが思わしくなくなった際に、日本各地に二次加工と販売を行うようになり、現在は三ツ矢製菓さんがビスケット生地の製造業務を行っています。そのビスケット生地を使ったものが「ミレー」と呼ぶことを許されており、現在は東海地方の5メーカーと、前述の高知・野村煎豆加工店さんから販売されています。ちなみにミレービスケットは、野村煎豆加工店がトップシェアの会社となります。

という三ツ矢製菓さんからは、大量にお菓子を購入しました。見よ、このお菓子天国をw。

まずはミレービスケットから。高知のミレーと違い箱入りです。

やっぱこの味、良いよなぁ。塩味でずっと食べていられるw。

そしてビスくん。こちらはマツコの知らない世界でマツコさんが絶賛した、というお菓子。

こんな感じのパッケージで、ミレーが棒状になっているお菓子です。ミレーと同じ味がして超美味い! 菊サブレ、というお菓子も買いました。
バター香る美味しいクッキーでした。 続いてミルク風味クッキー。
このミルク感良いです。ジャンキーな味がする。

そしてチョコ風味クッキー。 うん、これも美味しい。高級感にふらない、昔ながらの味って感じ。 おからクッキーはこんな感じのパッケージ。食物繊維入りです。 普通に美味しくって健康に良さげ。常備したいレベル。 ラストがフィンバービスケット! こちら系統的にはミレーっぽい味です。うん、最高!

三ツ矢製菓さん、子供の頃食べてたビスくんのことしか知らなかったのですが、昨年ミレービスケットの生地を作っている会社だったと知りビックリしたのでした。お土産でもらって喜んでた高知のミレーの中身は、実家の近くで作られていたという衝撃!老舗の世界は深いっすね。今回は公式サイトより購入していますが、ビスくんであれば楽天からでも購入できますよ。

↓楽天ならここから購入できます。

——- 三ツ矢製菓株式会社 基本情報———-
〇創業年 1918年創業 / 大正7年創業
〇営業時間
・本社機能のため割愛
〇住所
愛知県名古屋市中川区富川町4-1
(公式サイト)⇒ 三ツ矢製菓株式会社 / TOPページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です