すっかり秋田名物となったバター餅を蕗月堂で購入 / 秋田 横手市 1926年創業 (昭和元年)

秋田県東南部の横手盆地中央部で、岩手県(西和賀町)と接し市街地を横手川が流れる横手(よこて)市は、1951年(昭和26年)に平鹿郡横手町が近隣2村を編入して旧・横手市となり、昭和中期の近隣町村編入を経て2005年(平成17年)に平鹿郡全町村(5町2村)と合併して現市となりました。地名は江戸初期に横手川改修工事により旧河道を埋立造成した町であることが由来で、江戸時代は佐竹氏の久保田藩(秋田藩)領でした。伝統行事“横手のかまくら”で知られ、山の幸(蕨・ぜんまい・椎茸・松茸等)・いものこ(里芋)・果実(林檎・葡萄・桜桃・西瓜等)・各果実ジュース・ワイン・蜂蜜・ホップ・清酒・納豆・昆布加工品・漬物(いぶりがっこ等)・蕎麦・干し餅・豆腐カステラ・横手焼きそば(日本三大焼きそばの一つ)・十文字ラーメン等の特産品・名物が豊富で、市内には老舗の料理店・和洋菓子店・食品店・酒蔵・旅館などが複数残っています。

1926年創業、地元密着型の菓子店 蕗月堂(ろげつどう)

十文字駅から徒歩7分ほど、横手駅から車で20分前後の場所にある蕗月堂。1926年(昭和元年)に創業された和菓子店です。webサイトに

小学生はプール帰りに店に寄り、団子1本でお茶を飲んで一服して行きますし、近くの一人暮らしのお年寄りも毎日のようにおしゃべりにご来店されます。

と、説明のある地元密着型の店舗のようです。

という、蕗月堂さんの秋田のやわらかバター餅を購入しました。 パッケージ開けるとこんな感じです。詳しくは後述しますが、お餅にバターを練り込んであります。カロリー高い味がするけれど、美味しい!

バター餅は県北の北秋田市で40年以上も前から食べられていた、マタギの方々の保存食で、テレビ番組で取り上げられて以来人気となり、秋田各地のお菓子屋さんで作られるようになりました。餅にバターを混ぜることで時間が経っても硬くなりづらく、栄養価も高いので保存食として採用されたそうです。沢山のメーカーさんで作られているので、今度食べ比べしてみたいなぁ。

↓蕗月堂さんのバター餅は、楽天でも購入できますよ。

 

———蕗月堂 基本情報———-
〇創業年 1926年創業 / 昭和元年創業
〇営業時間
・9:00-17:00
※日曜日 定休日 (ただし、盆・年末・彼岸は営業)
〇住所
秋田県横手市十文字町西原一番町74
(公式サイト)⇒和菓子の製造・販売|有限会社 蕗月堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です