三津森本舗の元祖・炭酸煎餅を食べる / 兵庫 神戸市北区 明治時代創業

神戸の地名は、現在の中央区三宮・元町周辺が古くから生田神社の神封戸(じんふこ、租税・課役等の神社奉仕住民)集落“神戸(かんべ)”だったことに由来します。1973年(昭和48年)に兵庫区から分区された神戸市北東部の北区は、面積は市の4割以上ですが大半が農村・山林です。有馬町には古代より知られ日本三大古湯の一つである有馬温泉があり温泉街は多くの行楽・観光客で賑わっています。有馬の名産品としては炭酸煎餅・松茸昆布・山椒加工品等があり、また山椒が当地の名産であったことから一般に山椒を使用した料理には有馬の名(有馬煮・有馬焼等)が付されています。区内には老舗の食品店などが残っています。

明治時代創業、炭酸煎餅の発祥店 三津森本舗

有馬温泉駅から徒歩13分ほど、有馬温泉のバス停から徒歩2分ほどの場所にある 三津森本舗。明治時代に三津繁松氏が創業した店舗です。有馬温泉と言えば炭酸煎餅で知られていますが、三津森本舗さんが明治末期に発売した元祖のお店となります。

という、三津森本舗さんから炭酸煎餅のセットを購入しました。

炭酸煎餅はその名の通り炭酸を使って作られたお煎餅で食感が軽いのが特徴。お煎餅単体でも美味しいですし、間にクリームが挟まったタイプも美味しいです。

袋を開けた図がこちら。タンサンの文字が見えますね。普通の炭酸煎餅だとこのまま食べますが、こちらはクリームをサンドしたタイプ。

開けて食べるものではないですが、こんな感じです。味も見た目もゴーフルに似ている感じです。

こちらは青海苔煎餅。青海苔を混ぜて焼いています。 こちら青海苔。うっすらと青海苔が見えるのわかりますかね?こちらはクリームが挟まっているわけではなく、単体で食べます。海苔と炭酸煎餅の組み合わせははじめてでした、超合う! 炭酸煎餅は、上述の通り炭酸入りで作っていますが、食べる時シュワシュワしているわけではないです。ですが、炭酸が入っている分だけ食感が軽くなっていて、サクサク食べられ何枚でも食べられる気がします。そのまま食べても美味しいですが、クリーム入りのほうがもっとお菓子感がありますね。炭酸煎餅は有馬発祥ですが、他の温泉地にも売っているので、食べ比べしてみたいなぁ。公式ECサイトからお取り寄せできますよ。

———-有馬温泉 元祖 三津森本舗 基本情報———-
〇創業年 明治時代創業
〇営業時間
・8:00-20:00 (土曜日は21:00)
※定休日なし
〇住所
兵庫県神戸市北区有馬町290-1
(公式サイト)⇒ 有馬温泉 元祖 三津森本舗|有馬温泉での炭酸煎餅の店舗販売・オンラインショップを展開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です