きな粉菓子で有名なワタトーから手作り五家宝 / 東京 足立区東保木間 1921年創業(大正10年)

足立区東部の東保木間(ひがしほきま)は、鉄道駅不在地区のため隣接町の常磐新線(つくばエクスプレス)六町駅が最寄りである住宅地域です。町名は旧保木間村の東部であることから命名され、保木間の由来は、低湿地帯開拓時に土砂が流失しないように木の柵で柵間の土地を保ったからとの説や崖(特に崩壊し易い川崖)の意味の古語である“ほき/ほぎ”転訛説があります。町内には老舗の製菓会社が残っています。

1921年創業、東京に数人しかいない五家宝職人のいる ワタトー

足立総合スポーツセンターから徒歩1分ほど、竹ノ塚駅から車で10分ほどの場所にあるワタトー。1921年(大正10年)に、渡邊藤作(わたなべ とうさく)氏によって中央区日本橋浜町に菓子問屋・小売店、渡辺菓子店として創業されました。昭和に入ってから墨田区に移転、そして1969年(昭和44年)に、現在本社を構える足立区東保木間に移られています。現在の社名ワタトーの名は、わたなべとうさく氏のお名前からきているそうですよ。

ワタトーさんといえばきな粉スイーツで有名です。その中でも埼玉銘菓と知られる五家宝で知られています。昔は東京にも五家宝を作るメーカーが24社あったそうですが、残念ながらほとんど残っていない状況です。

という、ワタトーさんから五家宝を購入しました。箱買いなので凄く沢山入ってましたw。

一袋取り出した図。焦がしきな粉香る手造り五家宝です。 裏側はこんな感じ。水飴、きな粉、佐藤、おこしから出来ています。 一つ取り出した図。この食感も好きだなぁ。

五家宝は江戸時代には作られていたとされる歴史あるお菓子。今も埼玉県熊谷市が有名でしょうか。熊谷では給食にも出たりするそうですよ。米菓である起こしを棒状の芯として、水飴ときな粉をまぶした腹持ちも良いお菓子です。熊谷にも食べに行きたいなぁ。

↓Yahooショッピングで購入できますよ。
きな粉菓子 五家宝3本×6袋クリックポストにて発送

———ワタトー  基本情報———-
〇創業年 1921年創業 / 大正10年創業
〇営業時間
・8:00~18:00
※土・日 定休日
〇住所
東京都足立区東保木間 2-18-9
(公式サイト)⇒きな粉スイーツ専門店 > 和菓子ごかぼう /(株)ワタトー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です