松本魚問屋・魚問屋のまかないカレーは、めっちゃ出汁味 / 富山 氷見市 1914年創業 (大正3年)

富山県北西部で能登半島の根元の東側に位置する氷見(ひみ)市は、好漁場である富山湾西岸の諸漁港で水揚げされる豊富な海産物で知られています。特に重要な特定第3種漁港としては全国13港(本州・九州のみ)の一つである氷見漁港では氷見魚市場も設置され、近年では約8割が安土桃山時代に発祥した定置網漁法による漁獲で、春の鰯・夏の鮪、特に冬の氷見鰤(寒鰤)が名産品です。地名由来には、蝦夷防備の狼煙(のろし)監視場の“火見”説・海越しに見える立山連峰の万年雪から“氷見”説・海が干し上がった陸地の“干海”説等の諸説があります。古刹・光禅寺は漫画家の藤子不二雄A(安孫子素雄)の生家として知られ、市内には氷見温泉郷・氷見漁港場外市場(ひみ番屋街)等の多数の観光名所・施設、氷見牛・氷見うどん等の特産品・郷土食や金鍔等の名物も多く、老舗の飲食店・和菓子店・食品店などが残っています。

1914年創業、魚問屋・卸売り・小売り・魚加工・レストラン運営を行う 松本魚問屋

氷見駅から徒歩2分ほど、新高岡駅から車で30分前後の場所にある 松本魚問屋。1914年(大正3年)に松本活動館として始まり、現在は魚問屋として卸売り・小売・魚加工まで幅広く手がけられています。近年は高岡市内にかねまつ食堂という直営レストランもスタートさせています。松本魚問屋の商品は地域ものがたるアンバサダーの7月の訪問時に、高岡駅で見つけ購入をしております。

という、松本魚問屋の、魚問屋のまかないカレーを購入しました。魚のイラストが可愛いw。

こちらパッケージ裏側です。魚介の出汁をしっかり感じられる風味豊かなカレーとあります。

こちら温め終えた図。出汁が効いていると言われる蕎麦屋さんのカレーを、さらに出汁を追加したような、かなり出汁出汁(?)のカレーです。美味しかった!

松本魚問屋さんといえば、氷見ぶりやホタルイカ関連の加工品も多数製造されていて、いつかお取り寄せしたいなぁ、と思っています。氷見の寒ぶりといえば11月頃からが旬なので、その頃になるのかな。もしくは高岡のかねまつ食堂に行くも良いなぁ。って、たぶん両方体験すれば良い、がこたえでしょうねw

—– 松本魚問屋 基本情報———-
〇創業年 1914年創業 / 大正3年創業
〇営業時間
・本社機能のため割愛
〇住所
富山県氷見市地蔵町7-53
(公式サイト)⇒ 富山の氷見ぶりと海鮮を直送通販 | 松本魚問屋オンラインストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です