青柳総本家の、薄くってお土産にピッタリな名古屋かるたういろう / 愛知 大須 1879年 (明治12年)

1610年(慶長15年)に築城された名古屋城に清州から尾張地方の中枢が移り、その2年後に美濃国(現・岐阜県羽島)の大須観音(真福寺寶生院)が移転し、周辺には多数の寺社が集められ、商店・宿屋・芝居小屋も多く開かれてた名古屋市中区の大須。門前町・盛り場として栄え、幕末以降は大正末期に中村遊郭(現・中村区大門)に移転するまで遊郭もあり、大正初年から昭和の戦前までは劇場・映画館・演芸場等が林立して賑わいました。かつては繊維街でもありましたが、1975年(昭和50年)頃からは電気街として栄え、やがて電脳街・サブカル街として若者が集うようになりました。今は大須観音等の寺町の中に、多様な飲食店・カフェ・衣料品店等も建ち並ぶ活気ある商店街として、老若男女で賑わい市内屈指の観光地となっていて、老舗の飲食店・和菓子店・食品店が多数残っています。

1879年創業、徳川慶勝公から賜った青柳の屋号を持つ 青柳総本家

大須観音駅から徒歩5分ほどの場所にある 青柳総本家 本店。 1879年(明治12年)に、初代後藤利兵衛氏が大須門前通りで蒸し羊かん業をはじめたことで、その歴史が始まりました。「青柳」という屋号は尾張藩14代藩主であった徳川慶勝公から、初代後藤利兵衛氏が賜った名前なのだそう。

という、 青柳総本家さんの外観はこちら。この貫禄よ…。

もう少し寄り目で。広い店内を沢山の店員さんが捌いています。 こちらがディスプレイの様子。ういろう、美味しそうだなぁ。

どれにしようかなぁ、と思いつつ見ていたら、名古屋かるたういろう、というかなり薄めの商品を発見。これ、お土産に良いね。
ということで購入しました。名古屋かるたういろう。かるたの体裁をとったういろうです。

こんな感じで薄手のういろうが入っています。こしあん、りょく茶、くりの3種類入り。

こちらがくりのういろうです。 あまり薄さが伝わらない写真かもしれませんが、カード状のういろうなんです。これ、初めて食べる人にピッタリかも!

青柳総本家さんといえば、ういろうのバリエーションが多く、生ういろうや、今回の名古屋かるたういろうといった新商品開発も豊富。ういろうのイメージを拡張してくれる貴重な老舗店です。ういろう苦手かも、という人には、こういう新しい”ういろう”を渡してみるのも良いかもしれませんね。伝統を守り続ける老舗も、革新を続ける老舗も、両店とも素敵だなぁと、改めて思った訪問となりました(青柳総本家さんは、その両方って感じなので、さらに凄い)。

——–青柳総本家 基本情報———-
〇創業年 1879年創業 / 明治12年創業
〇営業時間
・ 10:00〜18:30
※水曜日 定休日 (祝日の場合は営業)
〇住所
愛知県名古屋市中区大須2-18-50
(公式サイト)⇒ 青柳ういろう | 青柳総本家 公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です