をかの本店の大人気・葛きゃんでぃと、創業当時からの名物 豆大福 / 埼玉 桶川 1887年創業 (明治20年)

古くから存在する桶川の地名には、沖側(広々した田畑の側)説や起き川(川の水源)説がありますが不詳です。江戸時代は中山道の宿場町・桶川宿が江戸日本橋からの最初の宿泊地とされて発展し、街道沿いには蔵造建造物など面影が残っており、当時は近隣村々での麦・薩摩芋などの農作物の集散地でしたが、一帯で栽培されていた染料の藍(あい)は武州藍、紅色染料・食用油の原料となった紅花(べにばな)は桶川臙脂(おけがわえんじ)と称されて特産品となり、かつて紅花は最上地方(現・山形県)に次ぐ収穫量で、今も べに花ふるさと館・べに花摘み取り園の観光施設があります。農地も残る中で宅地化が進んでいる市内には老舗の飲食店・和菓子店・食品店なども残っています。

1887年創業、健康で美味しいお菓子を作り続ける をかの本店

桶川駅から徒歩3分ほどの場所にある、和菓子店をかの本店。1887年(明治20年)の創業以来、桶川の地でお菓子を作り続けていらっしゃいます。をかのさんは、食べる側の健康を考え、健康で美味しいお菓子を作り続けていらっしゃるそうです。

こちらが店舗外観。結構大型の店舗です。 看板をアップで。TBSの「所さんお届けモノです」に出られたそう。チャンカワイさん所さんが絶賛したお菓子が沢山あるそうです。 こちら店舗の様子。物凄い種類のお菓子!お菓子好きはかなりテンションあがります。桶川名物紅花を使ったお菓子もありました。

紹介の時系列がおかしくなりますが、先日お取り寄せした葛きゃんでぃがこちら。「所さんお届けモノです」で絶賛されたスイーツがこちらです。左上からパイン・ホワイトレモン・みかん、下段が苺ミルク・甘酒です。

もうちょい寄り目の写真で。パッケージが可愛い。

まずはホワイトレモンから。

ホワイト=カルピスで、レモンの酸味とのバランスが超良い。葛の独特の食感も面白いです。

こちらは甘酒。名前の通り甘酒のフレーバーです。

冷凍庫保管が長かったのでちょっと霜がおりてしまってますが、優しい甘さで美味しかったです。

時系列を戻しますが、こちらはをかのさんにお伺いした時に購入した豆大福。創業当時から作られているそうです。
こんな感じの、もっちもちのたっぷり甘い、昔ながらの豆大福。美味しい!

をかの本店さんに初めてお伺いした時がとても寒い日で、葛きゃんでぃを食べれなかったので、改めてお取り寄せして食べました。最近同種のアイスが複数の和菓子屋さんから出ていますが、その火付け役がをかの本店さんです。

美味しくて家族に半分食べられてしまったのですが、家族にはパインが好評で、私はホワイトレモンがお気に入り。味自体もそうですが、葛の食感も面白く、日本の新定番アイス!って感じがしてとっても美味しかったです。また買いたいと思います。お取り寄せはこちらから出来ますよ

——- をかの本店 基本情報———-
〇創業年 1887年創業 / 明治20年創業
〇営業時間
9:00〜19:00
※月曜日 定休日
〇住所
埼玉県桶川市南1-6-6
(公式サイト)⇒ 和菓子・お菓子の「をかの」 埼玉県桶川市 – 埼玉県桶川市にある創業明治20年の和菓子屋「をかの」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です