和洋菓子 松屋の珈琲どら焼き / 東京 秋葉原 1769年創業 (明和6年)

サブカルチャーの中心地、秋葉原。東京駅からほど近いこの街にも老舗が点在しています。今回は200年越えの老舗にお伺いしました。

1769年創業、和洋菓子 松屋

秋葉原駅から徒歩3分ほどの場所に、1769年創業の和洋菓子 松屋さんはあります。元々は伊勢出身(三重県)の初代が日本橋本石町で和菓子屋さんを経営されており、明治27年に今の秋葉原に移られたそうです。移転されてからで既に100年強、移転前を含めると200年強の古い老舗で、東京で4番目に古い和菓子屋さんなのだそうです(以上は、こちらのインタビューから内容を抜粋)。

こちらがお店の外観。昔ながら、が伝わるお店です。看板にも創業二百年、とうたわれています

松屋さんは和菓子屋さんと名乗らず、和洋菓子とされています。それは伝統的和菓子だけでなく、カステラ等の洋菓子を扱われるようになったからだそう。今もカステラやどら焼き、サブレ等を作られています。

今回お仕事先に、4種類別々の種類のお菓子を買いました。店先のノボリにもなっていた、珈琲どら焼き、秋葉原らしいAkibaサブレ、栗娘、松最中の4種類です。

こちらが珈琲どら焼き。コーヒークリームが入っている、と書かれています。

外観はまあ割と普通のどら焼きですね。

挟まれているクリームが、コーヒー味のバタークリーム。中々パンチのある重めのスイーツです。美味しかった。

そしてこちらが栗娘。パッケージからはどんなお菓子か見えづらいですね。

開けた姿がこちら。お饅頭の中身が丸々栗になっている豪華なスイーツでした。

前述のインタビューページでも紹介されていたのですが、松屋さんは200年の歴史を持つ老舗にもかかわらず、新しいチャレンジを続けられています。今回ご紹介した2品も、相当新しい和菓子ですよね。
パッケージをオリジナルして頂くこともできるそうなので、ちょっとしたイベント事のお菓子としても活用できそうです。チャレンジし続ける老舗には、何か励まされるものがありますね。

——–和洋菓子 松屋 基本情報———-
〇創業年 明和6年創業 / 1769年創業
〇営業時間
9:30~18:00
※日曜・祝日 定休日
〇住所
東京都千代田区神田松永町1
(神田法人会サイト)⇒ 老舗を訪ねて「松屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です