若竹園で食べた、抹茶ソフト in アイス抹茶の”抹茶DEまっちゃ!” / 大分 大分市 1878年創業 (明治11年)

大分の県庁所在地がある大分市。古くは豊後国の国府が置かれ、中世には大友氏の城下町として発展し、日本におけるキリスト教布教の中心地でもありました。そんな南蛮文化が花開いたこの街の、老舗店にご訪問です。

1878年創業、乾物や織物を扱うお店として創業し、お茶専業店となった 若竹園

大分駅から徒歩6分ほどの場所にある 若竹園の本店である、ばらえTea 若竹園府内本店。1878年(明治11年)に、牧末太郎氏によって大分市新貝にて「牧新旭園」として創業されました。創業当時は乾物や織物等も扱っていらっしゃったそうです。昭和時代に入り2代目 牧信吉氏の時代に街の中心部府内町に移り現在のような形態となられたようです。

という若竹園さんの外観。こちらは1989年(平成元年)にリニューアルされた店舗だそう。

店舗前には看板もありました。抹茶ソフトクリーム!、名前見ると食べたさが抑えられませんw。

お伺いしたタイミングは、まだまだ暑い季節だったので、かき氷も販売されていました。抹茶ソフト食べるつもりで入ってきたのに心が揺らぐ…。

もう一枚めくると、”抹茶DEまっちゃ!”という商品が。アイスの抹茶に、抹茶ソフトがinされています。これは頼むしかない…!

ということで頼んだ”抹茶DEまっちゃ!”がこちら。ちゃんと点てられた抹茶に抹茶ソフトが入っているんです。最高か。抹茶好きの全人類に食べて欲しいw。

若竹園さんの抹茶DEまっちゃ!、アイスの抹茶の苦みと、抹茶ソフトの甘みのバランスが素晴らしくとっても美味しかったです。言ってしまえば単純な組み合わせなのに、新しい食べ物に仕上がっていて感動しました。抹茶もまだまだ色々やれること、あるんですね。若竹園さんは”抹茶DEまっちゃ!”以外にも、様々なお茶の楽しみ方の提案をされていらっしゃいます。若竹園さんみたいな、現状に留まらない進化を止めない老舗、素敵ですよねぇ。

——-若竹園 基本情報———-
〇創業年 1878年創業  /  明治11年創業
〇営業時間
・店頭販売
10:00-1830
・喫茶スペースあり
10:00-1815(イートインLO 1745)
※定休日なし
〇住所
大分県大分市府内町2丁目4番5号
(公式サイト)⇒ ばらえtea若竹園公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です