東京 麹町 うなぎ秋本(創業1910年)

東京は麹町。旧日テレ通りを進み、地下鉄麹町駅近くの100年以上続く「うなぎ秋本」へ。

江戸有数の繁華街・麹町で評判になった鰻

今では都内では珍しい数寄屋造りの100年の歴史を漂わせる店舗。中に入るとさらに雰囲気を増し背筋が自然と伸びてしまいます。女将さんに案内され靴を脱ぎ広い座敷の部屋へ。中庭があり、とても落ち着いてしっとりとした雰囲気の店内です。やはりその雰囲気に背筋が伸びてしまいす。

15515719_1388038797881066_78045907_o

うなぎ秋本は1910年(明治43年)創業。始まりは鮮魚店。江戸時代より麹町周辺は数多くの大名・旗本屋敷が立ち並び江戸有数の繁華街でした。そのため秋本は近隣のお屋敷などに仕出しをしていたそうです。そしてその辺りには食通の文化人も多く住んでいたそうで「鰻は秋本に限る」と評判になったのこと。

100年の秘伝のタレとこだわりの共水うなぎ

今回私たちが注文しましたのは、「共水うなぎ」と「うな重 鶴」。
普通は「松・竹・梅」で分けられるランクですがさらに上の「鶴」というのがありました。最高ランク松より上のランク「鶴」が更に期待を高めました。

15491790_10211236439528199_804396021_o

上記の写真が「鶴」です。2段に別れたお重はとてもお上品。
秋本さんは「割きたて・蒸したて・焼きたて」をモットーで秘伝のタレも創業より100年間変わらず守り続けられています。

IMG_1034

そしてこちらが「共水うなぎ」のお重。調べてみたところ、静岡県大井川のミネラルがたっぷりと含まれた伏流水で通常は1年かかる鰻の飼育期間を2倍の2年間じっくり育てたのがこの「共水うなぎ」だそうです。
さほど日頃、鰻を食べ慣れていない私には違いが分からないため食べ比べてみることに。
確かに共水うなぎの方が身がふっくらしている。さすが2年間じっくり育てられた鰻!と安易な感想になってしまいますが身はふっくらですが脂っこくなく、むしろさっぱりしていて食べやすい。
こちらの共水うなぎは数量限定だそうですので注文の際はご確認を。
もちろん「鶴」のうな重もとても美味しく鰻とご飯との相性が抜群でした。うな重を食べると贅沢な時間を過ごしている気持ちになりますね。

ミシュラン一つ星を獲った今昔の人々を唸らせる味

ここ「うなぎ 秋本」はミシュラン一つ星を獲得をしている名店でもあります。冒頭でも言いましたが100年前の食通の人々の舌を唸らせたという秋本。そして現代では日本だけではなく世界の食通の舌も唸らせてしまっています。
100年前に人々が「美味しい」と言い、100年の時を超えて現代の私たちも同じ「美味しい」を言う。素晴らしいことですよね。
是非、100年こだわり抜いた味をご堪能ください。

———-うなぎ 秋本 基本情報———-
創業年
・1910年(明治43年)
営業時間
11:30~14:30(L.O.14:00)/17:00~20:30(L.O.20:00)
住所
・東京都千代田区麹町3-4-4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です