勝海舟が愛したうなぎ梅本で、鰻重を食べる / 神奈川 横須賀 明治初頭創業

東京湾の入り口に位置し、江戸時代より国防の拠点として知られる横須賀市。ペリー来航の地として、海軍の軍港として知られる同地にも、沢山の老舗店が残っています。

明治初期創業、勝海舟が愛した鰻店 うなぎ梅本

浦賀駅から徒歩5分程度の場所にある うなぎ梅本。明治初期に浦賀の海辺近くで創業し、1897年(明治30年)に浦賀ドックが出来ることとなり、現在の場所に移転されました。うなぎ梅本さんは、勝海舟が愛した鰻店として知られています。勝海舟は浅草にある寛政年間創業のうなぎやっこさんも行きつけだったそうで、鰻好きの方だったのでしょうか。

こちらがうなぎ梅本さんの外観。小さな日本家屋、といった感じ。

店舗の外にはこんな張り紙が。現在は5代目の方が井戸水で〆た鰻をさばいているそう。

メニューは基本メニューと季節限定メニューがありました。こちらが基本メニュー。

こちらが季節限定メニュー。いつ行ったかが丸わかりですねw。 今回はうな重をオーダー。ちょい辛めのタレが食欲をそそります。良いなぁ。

勝海舟にちなんだ老舗は沢山あるのですが(こちらの勝海舟タグにまとめています)、全部美味しくってお気に入りになっています。偉大な人物は、良い店をしっているのか、生き残っているから良い店なのかわかりませんが。梅本さんは横須賀・浦賀に行ったら、定番にしてよいお店な気がします。

—— うなぎ梅本 基本情報———-
〇創業年 明治初頭創業
〇営業時間
・11:30~14:00 (L.O.13:30)
・16:00~21:00 (L.O.20:30)
※月曜日 定休日
〇住所
神奈川県横須賀市浦賀5-5-17
(ぐるなび)⇒ うなぎ 梅本(久里浜・浦賀/うなぎ)ぐるなび

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です